NEW

「本格派女優」松嶋菜々子と篠原涼子の黒歴史…コントでわいせつ行為同然の汚れ役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 10月16日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に千秋、出川哲朗、天野ひろゆき(キャイ~ン)が登場、公私共に仲のいい3人が昔の思い出から将来の夢まで、さまざまな話を繰り広げた。


 13歳の娘の親である千秋の子育てについて話が及ぶと、「最初、不思議少女で出てたもんね」(出川)、「それが今やコメンテーターみたいな」(天野)と、2人のツッコミが始まった。出川から「自分で恥ずかしくないの? 途中でキャラ変したじゃない。よく、あの不思議少女を演じてたよね」と言われると、千秋は「演じてないよ」と反論したが、「カメラ回ってないところでは、人の悪口ばっかり言ってた」と毒舌キャラだったことが暴露された。

 また、出川に「年商、何億なの?」と聞かれていたように、千秋は立ち上げた子供服ブランドのビジネスが軌道に乗るなど、実業家としても成功している。不思議少女から歌手、さらにはコメンテーターや実業家など、いろいろな顔を見せながら、浮き沈みの激しい芸能界で活躍し続けている千秋。数多い“ママタレ”の中でも存在感を示していることから、“ママタレ女王”とも呼ばれている。

キャラ変更で失敗した釈由美子


 ほかに“キャラ変”した女性芸能人といえば、まず名前が挙がるのが小倉優子だ。「こりん星のりんごももか姫」という設定のおっとりキャラで人気を集めた小倉は、2009年末に「設定終了」を宣言。また、インターネット上ではブレイク前の小倉が早口でハキハキと話している様子が話題になることも多い。そんな小倉は、結婚・出産後は料理本を出版するなど、ママタレとして活躍している。

 また、女優の松嶋菜々子篠原涼子もキャラ変更組だ。松嶋は新人時代に『とんねるずのみなさんのおかげです』(同)のコントに出演、卑猥なセリフを言わされる様子は“黒歴史”と言われている。

 アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」の初期メンバーだった篠原も、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(同)のコントでは天然キャラとして活躍、歌手活動を経て女優としてブレイクした。

 今や大物女優の地位を築いているこの2人も、以前はバラエティのコント要員だったわけだ。では、キャラ変更による成功と失敗を分けるものはなんなのだろうか。芸能事務所関係者は以下のように語る。

「小倉がお姫様キャラから脱皮しても起用され続けたのは、『あれはキャラだった』と正直に言えたことが大きいです。過去の経歴を“黒歴史”として封印、何もなかったことにするケースもありますが、小倉の場合は視聴者や制作側が抱くフラストレーションをきちんと消化したため、キャラ変更後も活動の幅を広げることができました。

 一方、失敗だったのが釈由美子です。彼女も、当初は『妖精が見える』などと嘘か本当かわからないような発言で注目を浴びましたが、ドラマに進出するようになってからは不思議キャラを封印。路線変更をすること自体はいいのですが、釈の場合は不思議キャラに代わる武器がなかったため、存在感を失ってしまいました」