NEW

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

385615126.jpg
「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅い(shutterstock.com)

 「青春のシンボル」ともいわれるニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡(英:Acne vulgaris)」、りっぱな皮膚疾患のひとつである。

 このニキビがやたらと描かれる有名な小説が芥川龍之介の『羅生門』。それは「若さ」や「良心」の象徴とも、「迷い」や「躊躇」の暗示とも、さまざまに解釈されてきた。

 しかし、実際に自分が思春期だった頃、この皮膚疾患に大いに悩まされた向きには「未解決な人生課題」という解釈が最も腑に落ちるかもしれない。

 どんなに親兄弟たちから「時期が来れば自然に治る」「気にすんな」と慰められても、青春まっ盛りの鏡に映るお肌の現実はそれくらい、当人には深刻だったはずだから……。

 でも、そんなほろ苦い記憶も忘れるくらいの年月が流れ、今度は自分がニキビ青少年らを慰める立場の年齢になってみたら、「思わぬ朗報」が待っていた。