NEW

広島カープファン、「マナーが悪すぎ暴走的」と話題に…相手応援席で堂々とカープ応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「日本野球機構 HP」より

 今年のプロ野球も大詰めを迎え、10月22日18時30分からいよいよ日本シリーズが始まる。25年ぶりに悲願のリーグ優勝を果たした広島東洋カープと、若い選手が一丸となり最大11.5ゲーム差を大逆転した北海道日本ハムファイターズ。この対戦は日本シリーズ史上初めてだ。

 さらに、今季限りでの引退を発表したカープの黒田博樹、二刀流の怪物・大谷翔平といった対決も予想され、注目度も高い。今年はセントラル・リーグチームの球場で土日開催されるということもあり、すでにカープ本拠地のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)近辺の宿泊施設は満室で、ゲームチケットもすぐに完売した。

 マツダスタジアムでは、先日行われたクライマックスシリーズ(CS)のチケットも即完売し、マツダスタジアムは赤一色。CSだけでなく、今年はどの球場でも、相手がカープの日はスタンドが真っ赤に染まっていた。しかし、ファンが増えるということは良いことばかりではない。観戦マナーを守らないファンも増え、その状況が目立つようになっているのだ。

 たとえば、9月17日の中日ドラゴンズ戦では、カープの丸佳浩選手が放ったフェンスぎりぎりの打球を、カープファンがフェンスから手を出して捕球。守備をしていた外野手は邪魔されて捕球できなかったのだが、結果はホームラン。中日は試合に勝ったものの、リプレイ検証をした審判、そして捕球したファンはインターネット上で猛批判にさらされた。

 また、優勝決定直前の9月2~4日に行われた神宮球場でのカープ最終3連戦。早い段階でカープ応援席であるレフト側は売り切れ、次いで3塁側内野席も売り切れた。そしてホームチーム側の1塁側にまで赤い波が“浸食”し、どっちがホームチームかわからなくなるほどカープファンで溢れかえった。この3連戦のうち、筆者が観戦した試合でも、ホームの東京ヤクルトスワローズの選手がホームランを打っても、「ヤクルトがビジターだったっけ?」と思わせるくらい1塁側の歓声は小さかった。

 そしてカープが優勝マジックを2として迎えた9月8日、甲子園球場で行われた阪神タイガース対読売ジャイアンツ(巨人)戦に、カープのユニフォームを着たファンがちらほらと見られた。カープが勝ち、巨人が負ければ、カープの優勝が決まるため、阪神を応援していたのだ。阪神の席でカープのユニフォームを着て応援している姿がテレビに映し出され、しかも複数人いたことに筆者も驚かされた。

 結局その日はカープと巨人が共に勝ったことでマジックは1となり、東京ドームで直接対決によって優勝を決めることとなった。9月10日、普段はオレンジ色のタオルが舞い、巨人ファンでいっぱいになる東京ドームも、この日ばかりはカープのユニフォームを着た人で埋め尽くされた。