NEW

「ひきこもりは働くな。株で稼げ」元ひきこもり相談員がデザインする未来の社会とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法』著者、伊藤秀成さん

 現在、日本には6カ月以上家族以外と交流せず、自宅にいる15歳から39歳の「ひきこもり」が約54万人いる。

 こうした人が、社会参加できないまま年を取る「ひきこもりの長期化・高齢化」が社会問題になっているこの状況に一石を投じているのが、元ひきこもり相談員である伊藤秀成さんの『ひきこもり・ニートが幸せになるたった一つの方法』(雷鳥社刊)だ。

 この本で、伊藤さんは「ひきこもりは無理に働くのではなく、ひきこもったまま株式投資で金を稼ぐ」という生き方を提示している。

 この一風現実離れした提言の理由について、ご本人にお話をうかがった。

――自分の家族にひきこもりの人がいると、家族としては心配ですが、「どうはたらきかけていいかわからない」という人が大半だと思います。家族としてひきこもりの人に何ができるかという点についてご意見を伺いたいです。

伊藤: 逆説的ですが、ひきこもりをどうこうしようという発想は改めるべきだということは強調したいです。小手先の取り組みで動くようならひきこもりの高齢化問題は起きていないですよ。それよりも、ひきこもりについて知る努力をしていただきたいです。

 厚労省は、ひきこもりの3分の1は精神障がいを持っている方で、3分の1は知的障がいや発達障がいがあり、3分の1はパーソナリティ障がいやパーソナリティの偏りがあるとしています。これは言いかえれば、国はひきこもりに健常者がいるとは考えていないということです。

 この言い方は過激だったかもしれませんが、少なくともひきこもりの大多数は、現代社会で生きていくうえでなんらかのハンデを背負っているということは認識しておくべきだと思います。

――確かに、そこは親や家族としては認めがたい部分かもしれません。

伊藤: 付け加えるなら、ひきこもり・ニートが背負っているハンデは、両親から受け継いだものだということです。

 「育て方が悪かったのではないか」と悩む親御さんは多いですが、そうではなくて親御さん自身のパーソナリティに何らかの問題や偏りがある。

 ある程度の偏りはあってしかるべきですし、それは「個性」とも言えます。ただ、自分のパーソナリティ上の偏りにまったく無頓着なのは問題です。それがひきこもりを長期化させている一番の原因なんです。

 まとめると、ご家族ができることとしては「ひきこもりの現実から目を背けない」「自分の問題から目を背けない」「真摯な気持ちで専門家や周囲の協力を仰ぐ」という三点だと思います。

――伊藤さんは、「ひきこもり・ニートが就労し、自立していくのは、実際は現実的とは言えない」という観点から、こうした方々に株式投資でお金を得ていく生き方を勧めています。この理由はどんな点にありますか?

伊藤: 家から出なくていいですし、人と会う必要もありません。一度買えば放っておいても配当金や株主優待が得られますし、何より「投資家」という肩書が持てます。

 ひきこもったままお金を得る方法はいろいろありますが、めんどくさいことが嫌いなひきこもりの性格を考えると、株式投資がもっとも適していると考えました。

 それと、「社会の役に立ちたい」というひきこもり・ニートは実は少なくありません。そういう人たちが株でお金を得て、税金を払えばそれは立派な社会貢献です。

――しかし、暮らしていけるほどのお金を得るとなるとかなり難しいのではないですか?