NEW

日本人の約半数が体験する「金縛り」! 知っておきたい、その正体と予防・対処法?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

223000132.jpg
「金縛り」は日本人の約半数が体験?(shutterstock.com)

 2011年10月に全国公開された映画『ステキな金縛り』(三谷幸喜:監督)。「証人はただ一人、落武者幽霊!」。観た人なら覚えているだろう。落武者幽霊と三流弁護士が取っ組み合う法廷サスペンスコメディだ。

 ある殺人事件に首を突っ込んだ弁護士のエミ(深津絵里)。「犯行時は金縛りになっていたから、アリバイがある!」と無実を訴える被告人。エミはアリバイを立証しようと、被告人の上に乗っていた落武者幽霊の六兵衛(西田敏行)を法廷に引っ張り出し、尋問しようとするが……。

 落武者幽霊の金縛りとは笑わせるが、金縛りに襲われた張本人は笑ってはいられない。本人しか分からないのが金縛りの恐ろしさ。筆者の場合は運動で疲れて帰った中学生の時と、失恋と学生運動のジレンマで苦しんだ大学時代に遭遇した数回だけだ。

日本人の約半数が「金縛りの経験がある」

 18万629人を対象に行われたリサーチパネルの調査によれば、日本人の約半数が「金縛りの経験がある」と答えている。あなたも経験者だろうか?