NEW

人間ドックで9割が「異常アリ」~NON STYLE・井上、ウーマンラッシュアワー・村本も最悪な結果に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

218855224.jpg
人間ドックで命にかかわる病気が見つかることも(shutterstock.com)

 毎回、自称「健康芸能人」が人間ドックを受診し、その結果を発表する番組『主治医が見つかる診療所 人間ドックSP』(テレビ東京系)――。

 10月17日の放送では、人気お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介に「アルコール性肝炎」と心臓大動脈の異常「大動脈二尖弁」が見つかり、番組史上最悪の<深刻度1位>となった。

 さらに、糖質制限とトレーニングによる減量を自慢していた「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔も、「高尿酸血症」に加えて「脳血管年齢70代」で脳梗塞の危険もあるという診断。自己流のダイエットも一因と指摘され、ショックを受ける場面もあった。

 テレビ番組とはいえ、出演者に深刻な健康問題が見つかると、視聴者も他人事では流せない。明日は我が身なのだ。

受診者316万人の9割が<引っかかる>

 日本人間ドック学会の2015年「人間ドックの現況」(公式サイトに公開)によると、昨年に人間ドックを受診した人の総数は、「2日ドック」と「1日ドック」を合わせて316万2817人。一昨年に比べると約3万人増加した。