NEW

電通の過労自殺から学ぶ<負のスパイラル>の心理~「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

 もうすぐ年の瀬の足音が聞こえてくる。年末年始に向けて、本格的に忙しくなる業界や職種は少なくない。何かと付き合いごとも増えて、オーバーワークに陥りやすい時期だ。

 このほど厚生労働省が発表した調査によると、過労によってうつ病などの精神疾患にかかるのは30代がもっとも多く、労災が認められたケースの3割を占めることが判明した。

 折しも10月7日、三田労働基準監督署が、月間100時間以上の残業をしていた大手広告代理店・電通の元社員・高橋まつりさん(享年24)の<過労自殺>を労災に認定した。東京労働局が、電通の立ち入り調査を実施するなど、その業務実態が注目されたばかりだ。

 まつりさんは亡くなる前、SNSに「もう4時だ 体が震えるよ…」「眠りたい以外の感情を失った」「本気で死んでしまいたい」「1日の睡眠時間2時間はレベル高すぎる」「鬱だ」などと書き込んでいた。