NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

恋人を秘書にした三原じゅん子議員の「男性関係」…今度は秘書と結婚、前任秘書は「つらくて」依願退職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三原じゅん子参議院議員(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 ちょっと前ですが、三原じゅん子参議院議員の24歳離れた秘書との“年の差婚”が週刊誌などで話題になっていましたね。国会でお見かけするたびに、そのすらっとした姿勢と凛々しい立ち居振る舞いに「かっこいいな」と思っていましたが、最近は三原氏と会話する同僚議員の顔が、どうしてもニヤついているように見えてしまいます。「若いパートナーとラブラブなんて羨ましい」という羨望がそうさせるのでしょうか。

 とはいえ三原氏の「男性関係」については、初当選した2010年の選挙の時から、自民党本部もとても心配していたようです。秘書の人選や面接も党本部が代行し、三原氏の「女性の魅力」を意識しないことをいろいろな面から確認した上で採用したと聞いています。

 しかし、三原氏は議員として国会のルールを理解できてくるとともに、「自分の公設秘書は自分が選任してもいい」ということに気づいたようで、恋人を公設第一秘書に登録したことがありました。

 その秘書とは「結婚同然の事実婚」であり、「配偶者は公設秘書に登録できない」との規則に違反していると週刊誌に追及されました。相手とされる元ミュージシャンの男性は、通常の秘書としての業務はまったく行わなかったため、ほかの公設秘書たちは仕事が増えて鬱になりそうなくらい働かざるを得なくなったようです。

 また、三原氏は週刊誌で自身のプライベートを取り沙汰されると、秘書たちに対して他事務所との交流を禁じるようになりました。実際に、仲間の秘書たちが飲み会へ誘っても、三原事務所の秘書は「議員から止められているので」という理由で、いつも断っていました。

 議員会館の廊下や会議室での秘書たちの様子も、他の人たちと目が合うのを避けているかのように常に下を向いて歩き、こちらから声をかけると、「びくっ」として慌てて挨拶をして、足早に去っていくという感じでした。

三原氏に振り回された秘書たち


 そんな暗い雰囲気の事務所に、この夏の参議院選挙のスタッフとして合流したのが「例の彼」、つまり現在の夫となった秘書です。選挙スタッフとして採用されたので、党本部の厳しい秘書採用のチェックを受けずに三原氏とともに選挙期間中走り回る「カバン持ち」係に任命されたようです。

 事務所の中でもダントツに若い彼ですから、カバン持ちという最も体力が必要なポジションに置かれたのは、当然の流れだったように思います。周りの秘書たちも、まさか2人がお付き合いするようになるとは思いもよらなかったようです。