NEW

なぜ関東の馬は圧倒的に弱いのか?関西馬の精密な情報が「馬券の勝ち組」へのカギ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年のマイルCS覇者モーリスが不在、今年は大混戦?

 人気の関東馬マリアライトが馬群に沈み、波乱の結果となった第41回エリザベス女王杯は、クイーンズリング、シングウィズジョイ、ミッキークイーンなど1着から5着までを関西馬が独占し、三連単1500倍を超える高配当が飛び出した。100円が15万円、1000円が150万円に化けたのだから、的中させた人はさぞご満悦のことだろう。

 日本中央競馬会(JRA)は、関東(茨城・美浦)と関西(滋賀・栗東)の東西に拠点が分かれており、それぞれに騎手も調教師も所属している。関東に所属している厩舎の馬は関東馬、関西の厩舎に所属している馬は関西馬といわれ、関東在住の競馬ファンは関東馬を、関西在住の競馬ファンは関西馬を応援する傾向にあるようだ。

 その東西の馬には格差があり、非常に問題になっている。先日のエリザベス女王杯がそうであったように、多くの実績馬が関西馬で占められており、さらにJRAの年度代表馬は過去10年で関西馬9頭に対し関東馬は昨年のモーリスのみと圧倒的な差が付いている。そのため関西馬に人気が集まり、馬券売上においても年間で数千億円の差が付いているといわれるほどだ。

 いつしか「競馬界の西高東低」という言葉も定着し、競馬ファンの誰もが関西馬の強さを認めているのだ。またJRAに移籍した外国人騎手のミルコ・デムーロとクリストフ・ルメールが2名とも関西所属になったのは、有力馬が多い関西馬に乗る機会を考慮したようだ。

 この関西馬は、もちろん我々競馬ファンにとっても重要な存在である。というのも、強い関西馬を把握することは馬券の的中に直結するからだ。だが、通常競馬ファンが参考にするスポーツ紙や競馬専門誌、さらにテレビやラジオに出ているような競馬予想家は、そこまで関西馬を重視していない。だからこそエリザベス女王杯は、リーディングを争うルメールが騎乗するにもかかわらず12番人気という低評価だった関西馬の・シングウィズジョイが2着に飛び込み、大波乱の結果になったのであろう。

 そんな競馬予想界で、「唯一関西馬に着目」して実績をあげている予想集団がある。それが競馬業界の中で最も「関西馬を知り尽くす存在」との呼び声も高い、関西馬情報専門情報会社のチェックメイトだ。

 このチェックメイトで指揮を執るのは、元関西所属JRA調教師であり、ファレノプシス、ビワハヤヒデ等でG1レース7勝という大記録を達成した浜田光正氏、そして同じ元JRA調教師で、オークス馬・イソノルーブルを管理した清水久雄氏といった、オールドファンなら誰もが知る有名競馬関係者だ。彼らが中心となり、ありとあらゆる関西馬情報を入手、分析し、競馬ファンに提供しているのだ。

 今回、浜田氏やチェックメイト担当者に関西馬情報の真髄、そして今週末に迫った第33回マイルチャンピオンシップ(CS)について話を聞いた。

マイルCSも関西馬の独壇場か?

--さっそくですが、関西馬が関東馬より優位にあるのは、なぜでしょうか?

チェックメイト担当者 これに関しては理由が山ほどございますが、なるべく簡潔に説明しましょう。

 実は、昔は関東馬のほうが優勢でした。そこで関西勢は、関東馬を逆転するために知恵を絞り、施設(栗東トレーニングセンター)の充実を進め、スタッフの技術向上に努めました。

 今では調教で当たり前となったウッドチップコース、坂路コース、プール調教などは、いずれも関西で最初に導入されたものです。そういった地道な努力が、1990年代以降続く「西高東低」流れをつくり、その差が埋まらぬまま現在に至ります。

 そのように、人材も環境も優れている関西馬が成績を優位に残しているため、関西に血統、素質の優れた馬が入ってくるのも当然のことといえます。

 これを読んでいる読者の皆様が、もし馬主の立場であるならば、「関西は成績で関東を大いに上回っている」という事実を前に、間違いなく関西に馬を預けたくなるでしょう。

 この好循環がさらなる西高東低を生みだします。そのため、より精密な関西馬情報を持つものが、馬券での勝ち組に近づくというわけです。

浜田氏ゆかりの人物が今もなお競馬サークルで活躍している

--なるほど。表には出ない努力があったのですね。では、数字に表すとどれくらい差があるのですか?

チェックメイト担当者 たとえば、今シーズンでは、11月6日終了時点で関西馬と関東馬は「312勝」もの差があります。年間で約2700レースほどですから、結構な差であることがおわかりいただけるでしょう。また、重賞レースになるとその差はさらに拡大します。関東馬の2倍ほどの勝利数を関西馬はあげているのです。

--気になるマイルCSの展望を聞かせてください。

チェックメイト担当者 今年は“マイル界の絶対王者”とされるモーリスが天皇賞(秋)へ向かったことで、マイルCSは「中心馬が不在」というイメージを持たれている方が多いようです。競馬場などでは「モーリスがいてくれれば軸は決まったのに」といった声も聞かれます。予想に悩んでいても、それは仕方のないことでしょう。

 私たちとしても、モーリスが出走してくるようなら、それはそれで面白いと思っておりました。ただし、それはすでに私たちが「何カ月も前から、このレースに向けて逆算し尽くされてきた某陣営」の存在を把握しているからにほかなりません。つまり、モーリスが不在でも自信の本命馬がいるため、決して混戦ではありません。詳細はどうぞレース当日を期待していただきたいと思っております。

--御社は、どのような態勢でマイルCSの準備を進めていますか?

チェックメイト担当者 全国各地に隈なく散らばる当社の情報網をまとめるのは、騎手として日本ダービーを、調教師としてオークスを制している清水久雄、ビワハヤヒデやファレノプシスといった数々の名馬を管理してきた元JRA7冠調教師の浜田光正です。

 競馬界の頂点を極めたこの2名のもとには、今なお現役競馬関係者の足が絶えず、現場の生きた情報が毎週届けられます。たとえば、今年の天皇賞・春を制覇し、来週末のジャパンカップで有力視されるキタサンブラックという関西馬がいます。世間一般では「北島三郎の馬」という点で注目を集めますが、同馬を管理する清水久詞調教師は調教助手時代、浜田光正に師事し、エリザベス女王杯を筆頭にG1を3勝したファレノプシスを担当していた深い縁のある人物なのです。

キタサンブラック(内側)との意外な関係

 当時築き上げた現場とのパイプは今も健在であることは言うまでもなく、バラエティ色の強いスポーツ紙とは入手している情報の密度が違います。

 ちなみに、当社ではキタサンブラックが勝利した天皇賞(春)では、同馬を確信の本命指名しました。同じく、陣営から熱烈な勝負気配を聞いていたカレンミロティック(13番人気)と関西馬同士の組み合わせで、馬連2万160円の高配当を的中させています。

--昨年もズバリ的中させたと聞きました。

チェックメイト担当者 昨年のマイルCSでは、関西馬の中でも一番の勝負気配にあったフィエロ(2着)を本命に指定。対抗馬との三連単2頭軸マルチ馬券にて、1万2000円の万馬券を的中させました。相手もほぼ1頭に絞れていたことも、私たちにとってはありがたいレースでした。

 先ほども述べた通り、今年のマイルCSの本命馬はほぼ定まっております。あとは残り時間での調整や、最終的な陣営の感触を踏まえた上で、会員の皆様には最終結論をお送りいたします。ギリギリまでお時間をいただければと存じます。

 なお、当社がG1や重賞レースを筆頭に高配当を連発できるのは、一般の専門紙やスポーツ紙には載らないような、真の関西馬情報があるためです。なお、核心の部分に関しては申し訳ありませんが会員限定とさせてください。

--マイルCSに向けて読者へ一言。

チェックメイト担当者 昨年に続いて、今年も確信をもってお送りするマイルCSの最終結論ですが、「本当の関係者情報を味わってみたい!」「関西馬専門情報とは何か?」とお考えの皆様へ、初めて当社を利用される方々を対象に「三連単特大万馬券の勝負買い目」を無料公開させていただきます。今まで体験したことのない関西馬情報の濃密さをご覧いただき、「関西馬情報は儲かる」ということを実感してほしいと思います。

 そのほかにも、有力関西馬陣営の本音の特別無料公開や、他のレースにおける情報網独自の推奨馬、当社最終結論など、無料会員にも公開できる範囲の情報をお届けします。本当の情報が公にされにくい競馬界にメスを入れてまいります。

--これは見逃せません。今日はありがとうございました。

 チェックメイトが提供する「マイルCSの関西馬情報」は、間違いなくあなたの競馬予想に多いにプラスになるだろう。また、競馬初心者や完全な未経験者でも、この情報を活用することで「馬券の勝ち組」へ大きな一歩を踏み出すことができるはずだ。こんなビッグチャンスは滅多にない。ぜひ、見逃さないでいただきたい。
(文=編集部)          クリック→無料公開「三連単特大万馬券の勝負買い目」

※本稿はPR記事です。