NEW

ジャパンカップ、10万人が大熱狂 世界の強豪相手に日本馬11連勝?賞金3億円の行方は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬の特別ボーナスを狙え!

今週は賞金3億円の大一番

 サッカー日本代表は2018FIFAワールドカップの最終予選突破へ佳境を迎え、野球日本代表(通称:侍JAPAN)はメキシコ、オランダとの強化試合に臨み、大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)、鈴木誠也(広島東洋カープ)などの活躍が話題となった。

 ただ、11月11日に行われたサッカー・キリンチャレンジカップ2016のオマーン戦は、代表戦としては少々寂しい3万3709人の来場者数にとどまり、侍JAPANの強化試合もワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が来年3月に控えているにもかかわらず空席が目立ち、今ひとつ盛り上がりに欠けた印象だ。

 そんななか、11月27日には東京競馬場で競馬界最大の国際レースである第36回ジャパンカップ(G1)が行われる。1着賞金はなんと3億円(馬主は2億4000万円・騎手は1500万円が取り分)という国内最高賞金のレースであり、過去にシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ディープインパクト、ジェンティルドンナ、ウオッカといった日本を代表する名馬が勝利してきたレースだ。

 世界の強豪が集結するレースだが、地の利もあってか現在日本馬が10連勝中。昨年は10万人を超える競馬ファンが来場し、馬券の売り上げも191億円を記録と、まさに日本スポーツ界でもトップクラスのイベントだ。

 今年はフランスのG1馬イラプト、ドイツのG1馬イキートスとナイトフラワーが来日し、北島三郎の愛馬キタサンブラック、有馬記念馬ゴールドアクター、皐月賞馬ディーマジェスティといった日本代表馬と激突する。フランスの凱旋門賞で日本代表マカヒキは無念の敗退となったが、このジャパンカップでは日本馬の活躍を期待したいところだ。

 ジャパンカップは有馬記念や日本ダービーに次ぐビッグレース。これから1週間はテレビもスポーツ紙もSNSもジャパンカップの話題で盛り上がるだろう。

 もしあなたがこれまで競馬を生で観戦したことがないのなら、この週末は東京競馬場でぜひこの大一番を楽しんでもらいたい。10万人の大歓声、そして大興奮のゴール前、絶対に競馬の虜になるはずだ。そして、観戦するなら馬券の購入もオススメしたい。

 今は、家族サービスでディズニーランドにいたとしても、残念ながら仕事中であっても、スマートフォンを利用して気軽に馬券が買える時代だ。馬券を買ってインターネットラジオを聞くもよし、スマートフォンのワンセグでテレビ中継を見るのもいいだろう。

 このジャパンカップは、外国馬が参戦することで難易度が上がり、ほかのレースと比較しても配当額が上昇する傾向にある。たとえば、2014年は3番人気と4番人気という上位人気の決着ながら、馬連は4120円もの好配当となった。ほかのレースで同様の決着であれば20倍(2000円)ほどの配当におさまるから、実に約2倍のオッズとなっている。つまり、観戦するにも馬券を買うにも絶好のレースといえる。

 そして、どうせ馬券を買うなら、ジャパンカップだけでなくほかのレースでも「万馬券」を的中させて一足早い「冬の特別ボーナス」をゲットしたい。経験がある人はわかると思うが、競馬で万馬券を的中させることはほかの何かにたとえることはできない一種独特な感情を引き起こす。それほどの魅力が万馬券にはあるのだ。

 もちろん、素人が簡単に万馬券を的中できるわけではない。最初はビギナーズラックによって馬券が当たるかもしれないが、継続的に大きな配当を的中させるためには、やはりそれなりの「武器」が必要だ。

年間300本の万馬券的中の「万馬券専門情報サイト」

 そこで、有力な武器となる「万馬券専門情報サイト」を紹介したい。

 このサイトは、とにかく万馬券狙いに特化しており、今年はすでに281本も的中させている。ちなみに昨年も330本ほど的中させており、今年もそれに迫る勢いだ。さまざまな競馬専門誌、スポーツ紙が毎週発売されて多くの予想が世に溢れているが、これほど多くの万馬券を的中させているメディアは見当たらない。

 11月13日に福島で三連単6万5120円と1万7170円、東京で三連単2万7280円、12日にも2本と、2日間で合計5本の万馬券を的中させた。スポーツ紙ではまったく印の付いていない人気薄の馬で万馬券を的中させており、このサイトの予想は本物だ。

 昨年のジャパンカップも、優勝したショウナンパンドラを本命に指定し、馬単1万8510円の万馬券を的中させているので、今年もかなり期待できる。

昨年はショウナンパンドラ本命で万馬券をズバリ的中!

 同サイトは「馬券で生活しているほどの敏腕記者」が多く集結しているようで、公にできない関係者の本音や真実を基に、予想を提供している。

 実際に、さまざまな新聞で前向きなコメントが並んでいる馬について、同サイトでは正反対のことが書かれ、結果を見るとその通りだったということも多い。13日のエリザベス女王杯で負けたマリアライトに関しても、新聞に載っていないことが同サイトで書いてあり「一銭も買わなくていい」という結論だった。結果はご存じの通り、6着敗退。やはり競馬は真実を知る人に乗ればおいしい結果が付いてくるのだ。

 ちなみに、この万馬券情報専門サイトは、今週末のジャパンカップに関する『凄穴勝負買い目』を無料で公開するイベントを実施している。しかも、無料登録するだけで3000円分のポイントももらえるという、非常にお得な話だ。このポイントを利用すれば、ジャパンカップ以外の予想が見られるわけで、さらに万馬券をゲットできるチャンスといえるだろう。

 ジャパンカップほどの大きいレースは、多少のことではオッズが大幅に変動しないため、同サイトの予想を参考にした人たちがみんなで同じ馬券を購入しても、配当が激減する心配はない。ぜひ多くの人と万馬券を分かち合いたい。
(文=編集部)
こちらから→無料「凄穴勝負買い目」

※本稿はPR記事です。