NEW

ジャニーズ事務所、外観を撮影するファンを「勝手に撮らないで!」と怒鳴りつける理由は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)

 大手芸能事務所のジャニーズ事務所が、や関ジャニ∞などのファンクラブ規約において、「会員規約が予告なく改訂できる」「支払い済みの年会費を返還しない」などと定めていることについて、消費者団体から「規約の一部が消費者保護の観点から不適切」と指摘を受けたことが話題を呼んでいる。

 ジャニーズは規約を見直す方針を示しているが、今回問題となった規約にも現れるファンに対する“姿勢”は、別の面でもみられるようだ。芸能記者が語る。

「ジャニーズファン、とくに地方在住のファンが東京に来た際、赤坂にある事務所を一目見ようと訪問し、記念として建物の写真を撮影しようとするファンも多いです。しかし、撮影しようとした瞬間、事務所の警備員に厳しく注意されるというのが、お決まりのパターンになっています」

 実際にジャニーズ事務所を訪れて外観を撮影したことがあるという50代女性は、こう証言する。

「私は嵐の大ファンで、地方から上京した際にどうしてもジャニーズ事務所を見てみたくて、わざわざ赤坂まで行きました。やっと見つけて、路上から建物を撮影しようとしたところ、突然1Fのエントランスから警備員の方が飛んできたのです。そして、『ちょっと! 勝手に撮らないで!』と注意され、ものすごい目で睨まれてしまいました。確かに、勝手に撮影したことは悪かったかもしれませんが、まるで犯罪者みたいに扱われて、かなりへこんでしまいました。今年はSMAPの独立騒動があり、ジャニーズという企業に関する良くない情報がたくさん報じられましたが、ファンへのこうしたヒドい対応を目の当たりにしてしまうと、やはり“そういう体質”なのかな、と悲しくなりました」

 ちなみにこの女性は、事務所の隣の建物前の歩道から撮影していたというが、こうした対処の理由について、当サイトがジャニーズ事務所に問い合わせたところ、期日までに回答は寄せられなかった。では、事務所建物の外観を撮影する行為は違法なのであろうか。弁護士法人ALG&Associates弁護士の児玉政己氏に解説してもらった。

法的見解


・結論

 結論としては、違法となる一定の場合でない限り、ジャニーズ事務所側は、撮影者の行為を禁止する法的な権利は有していないものと考えられます。