NEW

アナタのその1缶、大丈夫? 糖分入りの清涼飲料水で糖尿病の前兆に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

480729895.jpg
毎日1缶飲む人は糖尿病前症のリスクが劇的に上昇(shutterstock.com)

 炭酸飲料などの糖入り飲料の肩身が、ますます狭くなりそうだ――。

 すでにこれらの飲料は、肥満や糖尿病のリスクになることが知られているが、WHO(世界保健機関)は今年10月、糖分の多い飲料に対する課税、通称「ソーダ税」の各国への導入を勧告した。

 米国やメキシコの一部の州では、すでに実際にソーダ税が導入されている。WHOも世界的に増加している肥満や糖尿病への対策として、課税強化を各国に呼びかけたのだ。

 さらに今回、糖尿病の前兆を引き起こす可能性が高いことも報告された。

 米タフツ大学/米国農務省(USDA)ヒト加齢栄養学研究センターの最新研究報告(『Journal of Nutrition』11月9日オンライン掲載)によれば、砂糖入り炭酸飲料を毎日1缶飲んでいる人は、糖尿病前症を発症するリスクが劇的に上昇する。