NEW

とにかく明るい安村、仕事激減でテレビから「干される」のか…不倫発覚がアダに

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 お笑いタレント、とにかく明るい安村が今月24日、都内で行われた『よしもと47シュフラン2017』開催発表会見に登場した。今年3月に「週刊文春」(文藝春秋)で女性との不倫疑惑を報じられてから約8カ月が経過したが、離婚には発展せず、現状について「ラブラブではないですけど修復されましたよ」と報告。そして「あれは……、浮気です」と白状し、時間差で認めたことが世の女性の怒りを買っているようだ。

 持病の椎間板ヘルニアが悪化したことで9月末から2週間ほど入院生活を送った安村は、ここ最近について「祟りというか、腰を痛めて手術しました。お医者さんから2カ月くらい“全裸ポーズ”を止められているので、今期絶望です」と落ち込んでいる様子。しかし、「流行語大賞が発表されますけど、『ゲス不倫』とか『文春砲』とか入っていますから、授賞式に行こうかなと思っています」と自虐ネタで挑んだ。

 文春砲を受けてから安村のテレビの仕事は激減。その理由について、テレビ局関係者は語る。

「テレビ局スタッフたちは、数字を取るためにタレントのキャスティングには必死になりますが、その上で起用するタレントが視聴者にどのような心証を与えるのかという点が、非常に大事になってきます。キャスティングで大事なのは、まず他局の色がついていないかという点です。かなりのビッグネームでなければ、他局にたくさん出入りしている人を改めて使おうとはなりません。そして視聴者に与える心証ですが、もちろん不倫報道などが流れると、やはりテレビ局的にもNG。視聴率の良し悪しは確実に主婦層が握っているので、不倫や浮気をしてイメージが悪いタレントを出すわけにはいかないですね。安村さんも、このままテレビからは干される可能性もありますよ」

 以前は「芸人たちの浮気は芸の肥やし」といわれる時代もあったが、最近では人気俳優の斎藤工が週刊誌上で女子大生に“ワンナイトラブ”の様子を詳しく暴露されるなど、一般人もすぐにタレントの私生活を公に晒す時代となった。

「ツイッターなどのSNSで簡単にタレントのプライベートが晒される時代になり、若手の芸人たちでさえ警戒してますよ。『●●が合コンでこんなこと言ってた』『あんなことしてきた』という情報を、一般人が写真付きで流してしまうわけですから、当然でしょう。しかし、こういったストレスがあるから、また事件が起きたりする。悪循環だと思いますね」

 タレントたちにとっては、生きにくい時代になりつつある。
(文=編集部)