NEW

ASKAが「覚せい剤」で再逮捕! <刑罰>では薬物依存から更生できない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

asuka20161129-2.jpg
「逮捕」報道の最中もASKAは頻繁にブログ更新

 多くのファンの願いも空しく、歌手のASKA(58)がまたも逮捕された――。

 11月25日夜に「盗撮、盗聴されている」と、自ら110番通報したASKA容疑者。言動に意味不明な点があったことから、警視庁で薬物の尿検査をしたところ陽性反応が。覚せい剤取締法(使用)の疑いで逮捕されたが、本人は「事実に反します」と容疑を否認しているという。

 2014年9月、覚せい剤取締法で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKA容疑者。

 このときの判決で東京地裁は、薬物の使用期間が長く、医師の治療を受けていた中での犯行だったため、「違法薬物に対する依存性は顕著かつ深刻で、常習性もかなり高い」として、覚せい剤事件の初犯としては重刑を言い渡した。

 再逮捕となると、今回は実刑判決を免れないかもしれない。もっとも、ASKA本人は逮捕前に、自らのブログを次のように更新した。