NEW

安倍政権の中枢・内閣官房参与めぐり不可解人事発覚…キャリア官僚が一斉に不快感

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内閣官房の入居する内閣府庁舎(「Wikipedia」より/Yuukokusya)

 不可解な内閣官房参与人事があった。10月1日付で同職に抜擢された木山繁氏の人事だ。木山氏は直前まで国際協力機構(JICA)の理事だったので、抜擢の表向きの理由は、インフラ輸出などでの知見を生かすということだが、「JICAでの仕事ぶりの評価は芳しくなく、部下に無理難題を押し付けて困らせることで有名だった」(外務省筋)との声もある。

 内閣官房参与といえば、首相のブレーンで、小泉純一郎元首相の秘書官だった飯島勲氏ら錚々たる顔ぶれが並ぶなか、こうしたまったく無名でしかも評判の悪い木山氏が抜擢されたことを、驚いてみているキャリア官僚も多い。

 この人事には「裏」がある。木山氏を内閣官房参与に押し込んだのは、国際協力銀行(JBIC)代表取締役副総裁の前田匡史氏といわれている。前田氏と木山氏はこれまでもインフラ輸出などで協力してきた。前田氏が木山氏を内閣官房参与に売り込んだのは、責任を押し付けるための要員とみられている。ある官僚は「地位や名誉に弱い木山氏をうまく使う腹積もりだろう」と言う。

 この前田氏は「官邸の打ち出の小槌」の異名を持つ。首相肝いりのプロジェクトなどに即座に融資することで重宝がられている。最近でも、日露関係を重視する安倍官邸の意向を受けて、ロシア最大の銀行といわれるズベルバンクに対してJBICが40億円の融資を行うことを決めたが、それを主導したのも前田氏だ。世耕弘成経済産業相とも親しいとされ、そのルートを使って木山氏を売り込んだようだ。

 このほかにも、現政権が力を入れる原子力発電所や鉄道などのインフラ輸出のプロジェクトに前田氏がかかわっているケースが多いが、かかわったプロジェクトはことごとく失敗している。

 たとえば、インドネシアの高速鉄道の受注競争で中国に負けた際に、日本の事実上の「司令塔」は前田氏だったとされる。経産省関係者が言う。

「前田氏が連れてきたインドネシア政府に食い込んでいるという触れ込みのコンサルタントが食わせ物で、金だけ取ってなんの力もない人物で役に立たなかった。その結果、中国との情報戦で負けた。負けるとわかったら前田氏はすぐに逃げて、その責任を現地大使館に押し付けた」