NEW
大新聞が絶対に書評できないタブー小説『トヨトミの野望』

人、金、女…トヨタの秘められた「奥の院」を暴露?衝撃本、登場人物のモデルはこの人物だ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『トヨトミの野望』(梶山三郎/講談社)

 代表作『白い巨塔』『沈まぬ太陽』などで知られる著名な小説家、山崎豊子の作品を彷彿とさせる企業小説『トヨトミの野望』(梶山三郎/講談社)が話題を呼んでいる。小説のメインテーマは、左遷から復活して社長となった人物と創業家の、会社の将来像をめぐっての路線対立にある。

 ずばりこれは、トヨタ自動車がモデルであり、奥田碩元社長(現相談役)と豊田本家との「つばぜり合い」、ひいてはその抗争が今のトヨタにどのように影響したのかが克明に描かれている。そして随所にトヨタマンたちの「人、金、女」にまつわるエピソードが散りばめられている。

 トヨタといえば、日本最大の広告スポンサーであり、メディアではトヨタ批判はタブーだ。なかでも神格化された創業家への批判はもっともタブーとされ、小説ではあえてそのタブーに踏み込んだ。

 知られざる「トヨタの奥の院」の実態が、小説とはいえ赤裸々に描かれているだけに、読者受けも好評で、版元の講談社の関係者によると、発売後約1カ月で瞬く間に4刷まで増刷したそうだ。

 ただ、小説であるがゆえに、どこまでが事実なのか、といった問い合わせもあるという。なかでも「登場人物のなかには容易に特定できる人物もいれば、できない人物もいる」という声が多いという。

 そこで11月29日付当サイト記事『トヨタ、幹部の呆れた恥部や社内クーデターがモデル…大ベストセラー本が波紋』では、エピソードはどこまで本当なのかを検証してみた。今回は、登場人物は誰がモデルなのかを、以下の人物対照表にまとめてみた。