NEW

武豊はなぜ「干された」?JRAも無視できない、絶大な「権力者」とのトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
馬主の情報がすごい!

サブちゃんの愛馬がジャパンカップ優勝

 11月27日に行われた第36回ジャパンカップは、演歌歌手の北島三郎の愛馬、キタサンブラックが武豊騎手を背に快勝し、見事1着賞金3億円を獲得した。ここで注目されたのは、馬主である北島だ。これがクラブの馬であったり、名もなき個人馬主の馬なら、ここまでテレビ番組もインターネットも騒ぎにならない。芸能人の所有馬が、国内外の一流馬が集まる舞台で1番人気に支持された上で圧勝したため、大盛り上がりとなった。やはり馬主の影響力は相当なものといっていいだろう。

 北島は東京馬主協会の名誉顧問を務めており、馬主歴も50年以上という大ベテランだ。その長い馬主歴のなかで初めてG1レースを勝利したのが、昨年の菊花賞。その後は今年春の天皇賞を勝ち、この秋ついに最高峰のジャパンカップで優勝した。馬主として絶頂期を迎えたのである。

 競馬界において、馬主の権力は絶対だ。春闘では厩務員の報酬などを交渉する立場にあり、調教師や騎手はもちろん、日本中央競馬会(JRA)でさえ、その発言は無視できない。過去には、武豊騎手が「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一氏と騎乗法をめぐってトラブルとなり、近藤氏の所有馬から騎乗を外されてしまったことは有名だ。この一件以降、さらに調教師や騎手は馬主の意向に従わざるを得なくなったといわれている。

 馬主はレースに直接関係する競馬関係者でありながら、馬券の購入が可能という立場にある。ゆえに、馬主の馬券勝負も有名な話で、特に東京馬主協会の某重鎮の買い方は相当な金額に上るといわれている。それはやはり馬主だけが入手できる「リアルな馬主情報」が存在することの証明といえる。

「数万円や数十万円は当たり前で、時には数百万円や数千万円の勝負もあり、一般人とは別世界です」と某スポーツ紙記者は語る。同記者によると、およそ一般人や競馬記者では掴めないようないわゆる「勝負ネタ」が馬主には多くあるらしい。

「馬主は記者が知らないネタをたくさん持っています。それを記事にしたいと相談したら、すごい剣幕で断られました。『記事になんかしたら大変なことになる』と話していたので、相当すごいネタだと思います」

 そんな「馬主情報」をつかむため各方面からリサーチしたところ、ある馬主に「『トップシークレット』にある情報は、俺たちが知る情報とほぼ同じだよ」と教えてもらった。

調べてみると、「トップシークレット」とは馬主情報を専門とする競馬情報サイトで、大々的な広告などを打たず、競馬関係者を中心として口コミで知った人たちに利用されているという。何度か取材を試みたが、最初は門前払いされた。その後、前述の馬主を通じて関係者を紹介してもらい、なんとか取材にこじつけることができた。彼らが持つ「馬主情報」とはどんなものなのか、今週末に行われるチャンピオンズカップの「馬主情報」はあるのか、などについて話を聞いた。

やはり馬主情報は存在した

--馬主情報とはどのようなものでしょうか。また、トップシークレットとはどのようなサイトがお聞かせください。

トップシークレット担当者 「競馬情報」と聞いて多くの競馬ファンの頭に浮かぶのは、「騎手情報」や「厩舎情報」でしょう。しかし、騎手や厩舎というのはあくまで“雇われ”の身です。「どの厩舎に預けるか」「どの騎手を乗せるのか」、そして「どのレースに使うのか」は、すべて馬主とそのエージェントたちによって決められているのです。

「あの厩舎が委託先では勝てない」「あのジョッキーは追えない」といったレッテルを貼られては、厩舎や騎手にとっては死活問題です。そのため、調教師や騎手の多くは普段から「いかに馬主に気に入られるか」を考えているのです。

 また、個人馬主の数が減り続けている昨今、JRAは興行成立のため、個人馬主の確保に必死です。実際、馬主資格取得のハードルを下げるなど、さまざまな対策が講じられています。このような背景から、「馬主の意図や思惑を知ることが、馬券で儲けるための近道」と考え、馬主情報を専門に取り扱っているのが、我々「トップシークレット」です。

馬主にはさまざまな特権があるという

 我々は「どうしてそのレースに所有馬を使うのか」「なぜそのジョッキーを起用するのか」といった情報を、大物馬主やその関係者から独占入手しています。そしてその中から、より確度が高く配当妙味の見込めるものだけを会員の皆様に提供しています。

--馬主が購入する勝負馬券は、具体的に一般の競馬ファンが購入する馬券とどう違いますか。

トップシークレット担当者 基本的に馬主は上場企業や一流企業などの要職にいる方々です。「自分の馬の応援馬券」「知人の馬の応援馬券」といった“遊び馬券”を購入することもありますが、無駄な馬券は買いません。一方で、「これが勝負レース」と見極めた際には、数百万円から数千万円単位で馬券を購入します。それを我々は「馬主の大口勝負」と呼んでいます。

 大口勝負の際には、徹底した情報収集による軸馬選び、相手関係の入念な調査、加えて過剰な人気にならぬようマスコミの取材対策など各方面へ根回しを行っています。その時の馬主情報は、数ある競馬情報のなかでも「最も確実性が高く破壊力(配当妙味)も抜群の情報」と多くの馬主が断言しています。

--実際にどれくらい当たって、どれくらい儲かっていますか?

トップシークレット担当者 先週末はジャパンカップの裏で大勝負があり、三連単2万460円の万馬券を的中。その前の週末でも三連単8万9100円を的中させ、エリザベス女王杯ではシングウィズジョイ(12番人気で2着)の勝負情報によって三連複2万680円を的中させました。

 天皇賞(秋)でも万馬券を当てたほか、毎日王冠では6万1710円、秋の新潟開催でも7万10円といった高額の万馬券を的中させました。具体的な払戻額は言えませんが、資金力のある馬主たちの勝負ですから、相当な額に上っています。

--チャンピオンズカップでも「馬主の大口勝負」がありますか?

トップシークレット担当者 このチャンピオンズカップにおいても、当社は「馬主の大口勝負」に関する情報を入手済みです。芝の中距離G1戦線では「ノーザンファーム生産馬」を中心とする「社台系馬主」の1強状態ですが、ダート路線には社台グループが、あまり重きを置いていないこともあって、「ノーズヒルズ軍団」を中心とする「非社台系」の個人馬主たちは、ここぞとばかりに力が入っています。

 そんななかで、我々の情報網はある馬主関係者から驚愕の情報を入手することに成功しました。聞けば「12番人気で勝利した昨年のサンビスタ級の穴情報」とのことで、情報どおりに決まれば、10万円を超える万馬券も狙えます。情報漏洩防止の観点から、詳細をこの場で明らかにできませんが、そこには「決して大々的には報じられない驚愕の馬主情報」が存在するのです。

--そのチャンピオンズカップ情報を教えていただけますか?

トップシークレット担当者 せっかくの機会ですので、この「馬主情報」の威力を多くの方に体感していただくために、我々が入手した「チャンピオンズカップの三連単勝負馬券」の無料公開を決めました。これほどのチャンスは滅多にありません。この絶好機を逃すことなく、奮ってご参加してほしいと思います。

--ご配慮ありがとうございます。本日はありがとうございました。

 JRAの馬主になるには、資産7500万円以上、年収1700万円以上などの厳しい条件がある。そこは一般人には決して手が届かない上流社会で、想像もできない別世界が広がっているのだ。それだけに、別次元の情報があるのは当然の話。「本物の馬主情報」を知るトップシークレットに出会えたのは、幸運そのもの。トップシークレットが無料で提供してくれる「チャンピオンズカップの三連単勝負馬券」は、まさに本物の情報に触れるチャンス。絶対に逃してはならない。
(文=編集部)

無料情報はこちらから→「チャンピオンズカップ3連単勝負馬券」

※本稿はPR記事です。