NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2016年7~9月】

いまだにブーム継続のポケモンGOも、10代は別のゲームに夢中!世代別、本当に利用されているアプリとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――使わないアプリは、放っておく人とすぐ消す人に分かれそうな気がしますが、いかがでしょう?

岡田 やはり、課金したアプリは消せないという傾向は明らかにありますね。ソーシャルゲームによくあるような、ダウンロードは無料でゲームを進めるにあたって課金が発生するアプリも消されにくいです。そのため、人気があり、リリースから時間がたっていて課金も発生するゲームは、おのずと休眠しているケースが多くなります。「パズル&ドラゴンズ」だったり、先ほどの「モンスト」だったり。この2つは、現役ユーザーもとても多いですが。

今も1日200万人が利用する「ポケモンGO」


――7月22日にリリースされた、今年を代表するキラーアプリ「ポケモンGO」は、その後いかがでしょうか?

岡田 初速はすごかったですね。リリース2日目のDAUはツイッターを超えました。当初の勢いよりは下がってきていますが、今でもアンドロイド版のDAUは200万人です。1日200万人が利用しているゲームアプリは、なかなかありません。しかも、200万人というのはアンドロイドだけのデータなので、アイフォンも合わせればユーザーはさらに増えます。初速がものすごかったため、落ちている印象を持つ人もいますが「ポケモンGO」はまだまだアクティブですよ。【※1】

――性別年代でいうと、どの層が一番「ポケモンGO」を使っているのでしょうか?

金井篤史氏(以下、金井) 20~30代男性が多いですね、10代男性はあまりいません。

――1996年に、ポケモンの最初のゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」がゲームボーイシリーズで発売されましたが、当時小中学生だったターゲット世代に再び刺さっているのでしょうね。ソーシャルゲームの課金状況はいかがでしょうか? ソーシャルゲームは無料、もしくはごく小額の課金のみでプレイするユーザーが多く、ごく一部の高額課金ユーザーによって支えられている構図があるといわれていますが。

岡田 App Apeで出している課金額は、「グーグルプレイ」(アンドロイド端末のアプリを購入できるプラットフォーム)のランキングの推移などを基に出している推計値ですが、これはゲームによって変わりますね。「ポケモンGO」や「LINE:ディズニーツムツム」は多くの人が広く薄く課金している傾向があります。パズルなどのカジュアルゲームほどヘビーな課金者は少なく、RPGなどのコアゲームほどしっかり課金している人が多いですね。

「グラブル」は20~30代男性がメイン


――やはり、オタクほどお金を出すのでしょうね。

岡田 App Apeではグーグルプレイでは売上額(課金額)のランキングも毎日掲載されています。売上額ランキング上位のゲーム「Fate/Grand Order」は、App ApeによるDAUで29万人です。一方、「ポケモンGO」のDAUは200万人。「Fate/Grand Order」は1日で起動するユーザーが「ポケモンGO」の約7分の1でも、売上額では「ポケモンGO」より上位なんです。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg