NEW

日本最後の秘境・東京藝大、そのカオスすぎる内部に迫る…理解不能な天才たちの日常

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京藝術大学の音楽学部正門(「Wikipedia」より/Tyoron2)
 芸術界の東大的存在である東京藝術大学。東京・上野などにキャンパスを構える、通称“藝大”だ。入試倍率はなんと東京大学の3倍にもなるらしく、毎年多くの芸術の道を志す学生が受験している。その一方で、「卒業後は多くが行方不明になる」という逸話もある。


 藝大といえば「才能豊かで個性的な学生が集まっている」というイメージがあるが、実際にどんな大学なのか、詳しく知っている人は少ないだろう。

 そんななか、今年9月に上梓されたノンフィクション『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』(新潮社/二宮敦人)が10万部突破のベストセラーとなっている。本書は小説家の著者が藝大の全学科の学生に取材を重ね、それを通じて明らかになった藝大生の実態が赤裸々に記されており、「面白すぎる」と話題になっているのだ。

 そこで、著者の二宮氏に、藝大の2つのキャンパスの違いや本書で明らかになった藝大生の実態などについて、話を聞いた。

藝大生の妻が深夜に見せた“不審行動”


――本書は、二宮さんにとって初のノンフィクション作品ですが、執筆に至った経緯について教えてください。

二宮敦人氏(以下、二宮) はい。僕の妻が現役の藝大生なのですが、妻からいろいろと話を聞くうちに藝大に興味を持つようになったんです。その話を担当編集者の方との食事の際に話したら、「ぜひ、本にしましょう」という流れになりました。2人とも酔っていたので半信半疑だったんですが、かたちになってホッとしています。

『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』(新潮社/二宮敦人)
――本書を読む限り、奥様は非常にユニークな方だとお見受けしますが……。何か印象的だった出来事はありますか?

二宮 ある日、僕が深夜に目を覚ますと、隣の書斎で妻が何かごそごそと作業をしていたんです。気になって様子をうかがうと、妻は顔に半紙を貼り付けて自分の顔の型を取っている。まるでミイラのようだったので、「何してるの?」と聞いたら、どうやら彫刻科の課題で自分の等身大全身像をつくりたかったみたいで(笑)。

――かなりホラーな光景ですよね(笑)。相当びっくりされたんじゃないですか?

二宮 正直、「見てはいけないものを見てしまった」と立ち去ろうかとも思ったんですが、勇気を振り絞って声をかけました。後日、用事があって引っ越し業者が家に来た際、帰り際に転がっている妻の型を指して、「これ、なんですか?」と尋ねられました。「決して、犯罪に関するものではないんですよ」と念を押して説明しました。

『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』

入試倍率は東大の3倍! 卒業後は行方不明者多数? やはり彼らは只者ではなかった。全14学科を完全制覇! 非公式「完全ガイド」誕生。謎に満ちた「芸術界の東大」に潜入した前人未到、抱腹絶倒の探検記。

amazon_associate_logo.jpg