NEW

マツコ・デラックス、ある男性が味わった「恐怖」…ミッツ・マングローブの疑惑?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツコ・デラックス(写真:諏訪稔)

“オネエタレント”が芸能界に浸透してきたからこそ起こる問題も多い。女装しているマツコ・デラックスやはるな愛、見た目は男性だが口調が女性っぽい植松晃士や小椋ケンイチ、最近では男性にも女性にも見せる超中性的なゆしんやGENKINGなど、一般的には総称してオネエタレントと呼ばれているが、それぞれにこだわりがあるようだ。

 マツコと同じく女装家を名乗るミッツ・マングローブは、徳光和夫の甥っ子ということもあり、他のオネエタレントと一線を画すかたちで話題を集めたが、“歌謡曲オタク”でもあるミッツは、もともと歌手志望。現在はコメンテーターなど文化人としての活動が多いが、先日、ある会見で“ビジネス・オネエ”を匂わせる発言をしたという。

 無料チラシアプリ「shufoo!」の15周年キャンペーンでイメージキャラクターを務めるミッツは11月22日、会見で披露されたインターネット動画について「男の主夫姿が見物ですぅ」とアピール。そして、「男に戻ろうと思ったら、今すぐにでも戻れます。私、はるな愛やKABA.ちゃんみたいにイジってないから。全部揃っているんで」と手術はしていないことを強調した。現場にいたテレビ局関係者は言う。

「さらに、『でも男でやって、需要があるかしら~』と発言しました。仕事をもらうためには男のままだと芸能界でのニーズはない、女装しているからこそタレントとしてさまざまなところで起用してもらえている、という主旨に聞こえました」

 このミッツのビジネス・オネエ説を裏付ける証言もある。マツコとミッツ、楽しんごのインタビュー取材をしたことがあるという週刊誌の男性編集者は言う。

「一番怖かったのはマツコさんです。取材の場で『かわいいわね~』などと言いながらボディータッチが多いので、ドキドキしましたね。楽しんごの場合は、非常に礼儀正しい方なのですが、お渡しした名刺に書いてある私の携帯番号に後日電話がかかってきたりして、ちょっと怖かったです。でも、ミッツさんの場合は“オネエというプロ”に徹しているというか、セクハラまがいな行為は一切なく、『あくまで仕事のためと割り切って、オネエを演じているのだな』と感じました」

「需要」の意味


 そんなミッツの言う「オネエへのニーズ」について、女装が好きな一般男性、美佳さん(仮名)はこう解説する。

マツコ・デラックス、ある男性が味わった「恐怖」…ミッツ・マングローブの疑惑?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、はるな愛マツコ・デラックスミッツ・マングローブの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!