NEW

ASKA再逮捕でマスコミが暴走~患者視点のない有名人の薬物報道は<再犯を助長>する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

527445502.jpg
有名人の薬物報道は<再犯を助長>?(shutterstock.com)(shutterstock.com)

 マスコミ報道によるプライバシーの侵害は、どこまで許されるのか? 覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁に逮捕された歌手・ASKAを巡る、取材手法や報道内容に疑問が寄せられている。

 11月28日の逮捕の際には、ASKAの自宅前に多くの報道陣が押し寄せ、車庫から出ようとする車に人が殺到。折れたベンツのエンブレムが地面に落ち、報道陣に踏まれるようすまで映し出されていた。

 再逮捕を報じるテレビ番組のなかには、逮捕直前に乗ったタクシーの車内映像まで公表。タクシーの運行業者が提供したものと見られる。

 タクシーに搭載されたドライブレコーダーに、ASKAがスマホを見たり、行き先を指示するようすや、運転手に止まる場所を教えるところが記録されていた。

 ドライブレコーダーは事故などの万一の場合のため、警察等に提出するために設置されているもの。マスコミの求めに応じて差し出すのは、明らかに本来の使い方を逸脱している。視聴者の抗議を受けたタクシー会社は、ホームページに謝罪文を掲載した。

ASKA再逮捕でマスコミが暴走~患者視点のない有名人の薬物報道は<再犯を助長>する!?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!