NEW

『校閲ガール』石原さとみのオシャレ(?)衣装、一般女性がマネると非常に危険という説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石原さとみ
 破天荒でハイテンションな石原さとみが見られるということもあり、11月30日放送の第9話まで毎回平均視聴率11%以上(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしているドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)。「現実離れしすぎ」ともいわれるストーリーはさておき、放送のたびに話題となるのが、石原演じるヒロインのファッションだ。


『校閲ガール』は、出版社で文章や文字の誤りをチェックする校閲部に配属された主人公・河野悦子が、不本意ながら奮闘する“お仕事ドラマ”。主人公はファッション誌の編集者に憧れている設定のため、石原の派手で華やかすぎる衣装が毎回、「かわいい! マネしたい」「いや、ダサすぎ」などと注目され、視聴者の間で賛否両論が巻き起こっている。

 そこで、石原が『校閲ガール』で着ている衣装について、ファッションの専門家に評価を聞いてみた。

普通の女子はとてもマネできない?


「『校閲ガール』の河野悦子のファッションは、一言でいえば『ファッション誌が大好きなスゴい読者』。ロックテイストな衣装もあれば、レトロな柄のワンピースをシンプルに着こなすこともあり、ジャンル分けするのは難しいですね。『どんなファッションにも挑戦する女の子』という印象です」と話すのは、雑誌、広告などで活躍するスタイリストの伊藤彩香氏だ。

 確かに、「独特なファーがついているスカート」や「幾何学模様のガウンを羽織る部屋着」など、石原が着る派手で華やかな衣装は、ハイテンションな役柄とうまくマッチした独特のスタイルだ。

「アイテムの組み合わせ方も無理をしていなくて、目を引くスタイリングです。ただ、アイテム一つひとつを見ると、普通の人は手を伸ばしにくいものを選んでいるように感じますね。主人公の『自分が好きなものを着る』というテーマが徹底されているファッションなんです」(伊藤氏)

 ネット上では、若い女性の視聴者から「河野悦子のファッションやメイクをマネしたい」との声が多数聞かれるが、伊藤氏によれば、「彼女のファッションはマネしやすいように見えて、どれも難しいスタイリング」という。河野悦子というキャラクターが持つ「さまざまな服を楽しむ」という軸にブレがなく、多少気が強くないと着られない強気のファッションだという。

『校閲ガール』石原さとみのオシャレ(?)衣装、一般女性がマネると非常に危険という説のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ドラマファッション新垣結衣校閲ガール石原さとみ衣装逃げるは恥だが役に立つの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!