NEW

失明の原因第1位は「糖尿病」による合併症! 眼科検診を毎年受ければ95%以上は防げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

326052383.jpg
糖尿病による失明は眼科検診で防げる(shutterstock.com)

 アメリカ人(成人)の10人に1人は糖尿病患者だ。糖尿病は重篤な眼疾患や失明などの合併症を発症するリスクが著しく高い。

 だが、「HealthDay News 」(2016年11月10日)によれば、約2000人の40歳以上の1型および2型糖尿病患者を対象に調査したところ、糖尿病患者の約10人に6人は、年1回の眼科検診を受けていない事実が判明した。対象患者の55.5%は女性、平均年齢は59.4歳だ(米国眼科学会の年次集会報告による)。

 特に喫煙者の受診率は20%と低く、糖尿病重症度が軽症で、眼のトラブルがない人はさらに受診率が低かった。

 一方、糖尿病網膜症患者の定期的な眼科受診率は30%だ。糖尿病網膜症は、眼底にある網膜の細い血管が損傷を受けて変形し、出血や体液漏出が生じるため、重篤な視覚障害を引き起こすだけでなく、最悪の場合は失明に至る。糖尿病網膜症は、アメリカの糖尿病患者や働き盛りの年代の失明原因の第1位だ。

 

失明の原因第1位は「糖尿病」による合併症! 眼科検診を毎年受ければ95%以上は防げるのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!