NEW

ももクロ、涙の『紅白』落選&「卒業」宣言騒動から1年、もちろん今年も落選で岐路に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)が昨年に続き、年越しライブ『第二回 ゆく桃くる桃 ~年またぎ笑顔三昧~』をパシフィコ横浜で開催することが発表された。

 同ライブは昨年から始まった大みそかの年越しカウントダウンライブで、記念すべき第一回目はMCに土田晃之、ゲストには加山雄三、笑福亭鶴瓶、田中将大など大物揃いで5時間以上の長丁場となった。ももクロがこのライブを開催するようになったきっかけは、昨年の『NHK紅白歌合戦』落選が原因。ブレイクして数年しかたっていないももクロが“『紅白』卒業”を宣言したことが話題を呼んだが、芸能記者が明かす。

「当事者であるメンバーたちは、涙なしでは落選という現実を受け入れられなかったようです。彼女たちが涙を流した理由は、やはり脱退した早見あかりとの約束が果たせなくなったことです。女優に転身した早見と、いつか『紅白』の舞台で再共演することを目標としていたメンバーたちでしたが、 “『紅白』卒業”を宣言してしまったことで、それが完全に不可能になってしまいました。もちろん、メンバーたちが卒業を意識したわけではありません。事務所サイドのプライドが、紅白卒業騒動を起こしてしまったのです」

 そんなももクロは、『紅白』に落選して以降、NHKに対してリベンジしてやろうという気持ちが強かったという。

「リーダーの百田夏菜子が現在放送中の『べっぴんさん』に出演しているので、NHKから疎遠になったわけではないと思いますが、『紅白』はまったく別の話なのでしょう。でも、百田はドラマに出演しているのに紅白に出演できないというもどかしさはあるでしょう。きっと芳根京子らはゲストとして出演することになるでしょうし、そこで絡みなどもあったほうがおもしろいとは思うのですが」(テレビ局関係者)

『紅白』落選後に更新したブログで百田は「もう泣き疲れた。笑 今でも情けないくらい紅白ってワードを口にするだけで涙がでてくる。出たかったー!5人で!いつだって私たちの夢だったきっと、誰よりもこだわってた6人でした約束だって忘れるわけないでもだからこそ、もう前しか見てない!」と語っていた。

 カウントダウンライブは“第一回”としていただけに、今後も続けていく意向なのだろう。メンバー全員が20歳を迎え、グループとしても過渡期を迎えているが、国立競技場でのライブやドームツアーなど、着実にステップアップしてきた。『紅白』への出場は難しいかもしれないが、早見との共演を実現できる日はそう遠くないと、多くのファンは信じているのではないか。
(文=編集部)

ももクロ、涙の『紅白』落選&「卒業」宣言騒動から1年、もちろん今年も落選で岐路にのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHK紅白歌合戦ももいろクローバーZ早見あかりの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!