NEW

SNSで運動の<やる気>をアップする方法~「励まし」より「競争」が効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

528755887.jpg
他の参加者と競争することも継続の動機づけに(shutterstock.com)

 運動は<継続>が一番難しい。誰だって、シンドイことをやるのは億劫だ。しかし、カラダは正直だ。コツコツと運動を続ければ、その効果は必ず表れてくる。

 そこで、継続するためのきっかけや動機は重要だ。先頃、<ソーシャルメディア(SNS)は動機づけの強力なツールとなる>という興味を引く報告を目にした。『Preventive Medicine Reports』(12月号)に掲載された、米ペンシルベニア大学コミュニケーション学部・工学応用科学部准教授のDamon Centola氏らの研究だ。

 さらに興味深いのは、<ジムに行く頻度を増やす>という目標を達成したい場合は、SNSでは友人と「励ましあう」よりも「競争する」ほうがよいという点だ。

<競争する>グループのほうが運動の動機づけに

 研究者のCentola氏は、「<励ましあう>グループでは、活動的でないメンバーほど注目されるため、むしろ逆効果となることがある。一方で、<競争する>グループでは、活動的なメンバーが目標を設定する形で関係が決まるため、運動の動機づけに有用である」と、コメントしている。

SNSで運動の<やる気>をアップする方法~「励まし」より「競争」が効果的のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!