NEW

「武豊伝説」、あっという間に終了?外国人騎手にやられ放題の競馬界、最後の砦は川田将雅か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊の記録がかかるが…

日本馬快挙の裏に…

 モーリス(香港カップ)、サトノクラウン(香港ヴァーズ)と日本馬が大活躍した12月11日の香港国際競走。共に鞍上に日本人騎手は不在で、各馬を勝利に導いたのは外国人騎手だった。エイシンヒカリで香港カップの連覇を狙った武豊、香港マイルで1番人気だったサトノアラジンの川田将雅、香港ヴァーズでヌーヴォレコルトに騎乗した岩田康誠には、散々な結果だったといえるだろう。結果だけでなく、内容でも「やっぱり外国人騎手は、日本人騎手よりもすごい」と誰もが感じたはずだ。

 また、同日に国内で行われた第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)も、クリストフ・ルメールを鞍上としたソウルスターリングが優勝、戸崎圭太騎手が守っていたリーディングジョッキーもルメールに抜かれるなど、日本人騎手にとって「終了」を感じさせる無残な週末だった。

 なかでも、秋に入ってジャパンカップやJBCクラシックなど重賞7勝と勢いに乗り「武豊伝説の始まりか」と話題となった武だが、ビッグレースでことごとく敗退し、早くも「伝説終了」のランプが点滅し始めた。武は、今週末に行われる第68回 朝日杯フューチュリティステークス(FS)を勝てば、史上初のJRA全G1レース優勝を達成することになるが、エイシンヒカリの香港カップ大敗ショックから立ち直ることができるか注目される。さらに、来週には大一番の有馬記念にキタサンブラックで挑む。

 ほかのスポーツに目を移してみると、女子ゴルフの年間獲得賞金ランキングは韓国のイ・ボミが独走し、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の得点王もピーター・ウタカ(サンフレッチェ広島)、レアンドロ(ヴィッセル神戸)の2人の外国人選手が獲得した。さらに、プロ野球日本シリーズのMVP(最優秀選手)を北海道日本ハムファイターズのレアードが獲得するなど、今年も各スポーツで外国人アスリートの活躍が目立った。

 競馬では日本人選手が奮闘していたが、年々外国人騎手が圧倒してきているのが現状だ。そんななかで行われる今週末の朝日杯FSで、紅一点ミスエルテに騎乗する川田将雅は最後の希望といえよう。

 ミスエルテは、先週末行われた阪神JFの優勝馬、ソウルスターリングと同じフランケルを父に持つ馬。牝馬なら牝馬限定戦の阪神JFに出走するのが定石だが、ミスエルテは馬主サイドの思惑もあってか、牡馬相手の朝日杯FSに出走する。それでも、これまでの勝ちっぷりから断然の1番人気が予想され、多くの視線を集めている。

 鞍上の川田はデビューから同馬に騎乗しているが、このレースの結果次第では乗り替わりもあり得るため、本人にとってさらに気合いの入るレースといえるだろう。一方、馬券的には、ミスエルテの参戦によって予想が難しくなった。実績は認めるが、やはり牝馬が勝つのは難しい。牡馬との斤量(負担重量)差は1kgしかなく、また今のレース体系になってから牝馬は勝利していない。さらに、挑戦を受ける牡馬も海千山千の強豪ばかり。マスコミはミスエルテで盛り上がっているが、その内情は非常に複雑な状況なのだ。

 そこで今回は、2歳戦に定評がある「競馬セブン」に、今年の2歳馬の分析、そして朝日杯FSについて話を聞いた。阪神JFもズバリ的中させたその「情報力」と「眼力」は必見だ。

12月に入っても絶好調

「競馬セブン」は、元JRA騎手で、JRA競馬学校の教官も勤め、あの福永祐一や池添謙一騎手を指導した徳吉一己、そして競馬専門誌「勝馬」の看板トラックマン(競馬記者)で今も美浦トレーニングセンターで活動する現役競馬記者である古川幸弘、さらに元JRA調教師の嶋田潤といった大物関係者が所属する業界最王手の競馬情報サイトだ。

JRA競馬学校元教官の徳吉一己氏
現役競馬記者の古川幸弘氏

 創業19年という老舗で、現代競馬の4大ネットワークといわれている「トレーニングセンター・馬主・馬産地・社台グループ」に精通し、一般人はもちろんマスコミが入手できない競馬関係者の「生の声」を独自に入手。そしてその情報を精査し、厳選に厳選を重ねた「最終ジャッジ=買い目」を競馬ファンに提供しているのだ。

 その実績は“日本最強”と思えるほどで、なんと夏の終わりから先週の阪神JFまで「17週連続」で重賞的中を達成しているというから驚き。そのなかには、朝日杯FSの前哨戦である京王杯2歳ステークスなどの万馬券も含まれており、今週も期待が高まっている。

阪神ジュベナイルフィリーズは見事に1点目で的中!

今年の2歳馬の傾向は?

--さっそくですが、今年の2歳馬にはどんな傾向がありますか?

競馬セブン担当者 今年の2歳世代は、現時点では牝馬のほうがレベルが高いです。例年に比べて「仕上げが早い」という話もありますし、各関係者からかなり「勝負を賭けて狙ってきている」という話も聞きます。

 もちろん牡馬はまだ素質馬が控えていたり、ブレスジャーニーのように休養させている事情もあるようですが、このままいけばウォッカの時のように牝馬が日本ダービーに挑戦して勝ってしまう可能性もあります。ほかにも多くの裏話がありますが、デビュー前の馬については、さすがに公開できないのでご了承ください。

 あと、新種牡馬のフランケルは日本に対応できる血統であることがハッキリしました。今後、国内でもフランケル産駒が多く走るときがくるかもしれません。生産最王手のノーザンファームなどはこういったことに敏感なので、すでに動き出していても驚きはありません。

--競馬セブンが、2歳戦で結果を出せている理由はなんでしょうか?

競馬セブン担当者 我々はスポーツ紙やマスコミのように、トレーニングセンター内での取材のみで結論は出しません。放牧先の牧場、育成に携わったスタッフ、生産関係者などと太いパイプがあり、デビュー前から各馬の情報を入手しています。そしてもっとも重要な、デビューから重賞までの「短期間の上昇度」に関する正確な情報を入手できます。キャリアの少ない2歳戦だからこそ、各馬のことをよく知る内部関係者からの話が馬券の的中につながっているのです。これはトレーニングセンターでの取材だけで原稿を書いている新聞記者や、現場を知らない予想家にはマネのできないことです。

--この秋、的中させた会心のレースを教えてください。

競馬セブン担当者 的中はたくさんあるのですが、そのなかでも11月13日東京10R奥多摩ステークスでの三連単6万5410円を的中させた際には、多くの会員から喜びの声を頂きました。この時は、最低人気から2着に入ったウエスタンメルシーの好走をスッパ抜いたのですが、当社の看板情報ルートからは自信の勝負情報が届いていました。ほかにも数え切れないほど、会心のレースはあります。

--今年の朝日杯FSは、どんな状況ですか?

競馬セブン担当者 今年出走する馬のなかにも、紙面上の前走比では把握しきれないほど急上昇のカーブを描いている馬がおり、ここは「勝ち負け(1位を争える状況)必至」といえる馬がいます。

 この馬に関しては関係者から裏も取れているため、“確勝級”の存在と見ています。だからこそ、この馬から買えば相手さえ間違わなければ「ほぼ馬券が外れることはない」と自信を持っていえるレースです。

 もちろん、相手関係も精査済みで、特に人気の盲点となりそうな“ある伏兵馬”を含めて、できるだけ絞って獲りにいきたいと思っています。このレースは2014年に14番人気から2着に入ったアルマワイオリの好調情報を入手して馬連万馬券の1万4050円を的中、昨年も1勝馬リオンディーズを本命に推して的中させており、今年も大きく期待しています。

--朝日杯FSに合わせて特別なサービスはありますか?

競馬セブン担当者 この記事をご覧の方を対象に、朝日杯FSの『馬連3点勝負』を無料でお教えします。そして、もしもそれが不的中ということがあれば、特別に有馬記念の情報を配信します。朝日杯FSは、それくらい自信があるということです。それ以外のレース情報も知りたいという方に向けて、「G1直前関係者情報」「社台軍団の本音」「今週の目イチ馬主」といった多くの無料コンテンツを開放しますので、ぜひ利用していただきたいですね。

 また、来週は注目の有馬記念に向けてもさまざまな情報が届いており、非常に楽しみな一戦となっております。こちらも合わせて期待してください。

--非常に楽しみです。ありがとうございました。

 来週末の有馬記念はもちろん大事だが、その前に今週末の朝日杯FSは非常に注目度の高い一戦だ。ミスエルテが新たな歴史を築くのか、それとも牡馬が返り討ちにするのか。非常に難解なレースだけに、ここは「2歳馬のすべてを知り尽くす」と自信を示す競馬セブンの無料2歳情報を利用するのがベストな選択だ。朝日杯FSを的中させ、有馬記念でさらなるビッグボーナスを手にしたいところだ。
(文=編集部)

無料→朝日杯FS「馬連3点勝負」

※本稿はPR記事です。

「武豊伝説」、あっという間に終了?外国人騎手にやられ放題の競馬界、最後の砦は川田将雅かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、有馬記念朝日杯フューチュリティステークス武豊競馬の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!