NEW

成宮寛貴さん薬物疑惑、事実なら懲役刑も…もしシロならフライデーにどんなリスクが?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今月、週刊誌「フライデー」(講談社)によるコカイン使用疑惑報道を受け、元俳優の成宮寛貴さんが芸能界を引退した。同誌発売の前日(12月1日)、成宮さんの元所属事務所は、「(発行元の講談社に対して)断固として抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとって参る所存です」との声明を発表したが、現時点でも法的措置に至っていない。

 成宮さんは引退に際し、「複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」などと書いた自筆コメントを発表し、疑惑を否定。すでに警察が捜査に動いているという証言や海外逃亡説など、さまざまな情報が報じられているが、いずれにせよ、成宮さんと「フライデー」のどちらかが“嘘”をついていることになる。

 まず、成宮さんが嘘をついている、つまり本当にコカインを使用していたとすれば、成宮さんはどのような法的処罰を受けるのであろうか。逆に、もし成宮さんがコカインを使用していなかった場合、フライデーはどのような法的処罰を受けるのであろうか。弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士の山岸純氏に解説してもらった。

(1)成宮さんがコカインを使用していた場合


 コカイン使用の場合、麻薬及び向精神薬取締法という法律で処罰されることになります。

 なお、薬物を使った(吸引、喫煙、注射など)場合ですが、覚せい剤の場合は「覚せい剤の使用罪」、大麻の場合は「大麻の所持罪」、コカインのような麻薬の場合は「麻薬の施用罪」というように、おなじ薬物犯罪でも若干、言葉の使い方が異なる点がポイントです。

 なぜなら、覚せい剤の場合は、誰であっても、そもそも使うこと自体が違法なので、「使用罪」となるわけです(ごく一部を除く)。次に、大麻の場合ですが、実は最近まで技術的な問題から、大麻を吸っても尿や汗から検出することが難しかったため、「使用罪」がないのです(現在は科学が進んで、すぐにバレるようです)。ですから、「大麻の所持罪」しかないわけです。

 そしてコカインなどの麻薬の場合ですが、麻薬はもともと医療などで使われていた歴史(それこそ、古代インカ文明の時代から)があり、一定の場合に施用することが想定されていたモノなので、許された人や機関以外が施用することを禁止する意味で「麻薬の施用罪」なのです。

 さて、もし成宮さんがコカインの施用や所持で逮捕・起訴された場合ですが、同様の前科がないのであれば、たいていの場合、判決は「懲役1年6カ月、執行猶予3年」となることでしょう。

成宮寛貴さん薬物疑惑、事実なら懲役刑も…もしシロならフライデーにどんなリスクが?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、コカイン使用疑惑報道フライデー成宮寛貴の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!