NEW

ASKA不起訴で釈放、「警視庁の考えられない失態」「『お茶入れた』起きるの不思議」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ASKAさん不起訴処分 湾岸署から釈放(Pasya/アフロ)

 2014年に覚せい剤取締法違反などの罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中の身だったASKA(本名:宮崎重明)さんが11月28日、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され世間を騒がせたが、事件はさらに予想外の展開をみせている。

 12月19日、東京地検はASKAさんについて嫌疑不十分で不起訴処分とし、勾留されていた東京湾岸署から釈放された。警視庁は、ASKAさんから採取した尿の検査で陽性反応が出たとして逮捕に踏み切っていたが、報道によれば、調べに対しASKAさんは「用意しておいたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた」「覚醒剤は使っていない」などと供述。採尿の際、警察官は尿をするASKAさんを背後から見ていたものの、手元までは確認できていなかったという。

 さらに、警視庁が採取した液体は少量だったため1度目の鑑定で全量使ってしまい、陽性反応が出た液体がASKAさんのものであるかを改めて鑑定することができなかったとも伝えられている。

 一連の警視庁の動きが、果たして適切であったのか。警視庁元警察官は、次のように語る。

「警視庁の考えられない失態です。確実にASKAさんが薬物を使用していると思われる情報をつかんだための、警視庁の勇み足といえるでしょう。採取した尿が本人の尿かどうかを確認することは、基本中の基本。容疑者がクロであればあるほど、任意採尿でなんらかの“ごまかし”をしようとするものであることは、捜査員はわかっていたはずです。さすがに、採尿する瞬間を確認するのには限界がありますが、採尿場所に余計な物がないかを調査したと思われるので、ASKAさんが言うように『お茶を入れた』などということが起きること自体が不思議です。採取後に取り違えたりしないように、本人の指印等で封をすることは徹底する一方、そもそも違うものを提出するかもしれないという発想が抜けてしまったのでしょうか。

 また、採取量が少なかったので再度鑑定できなかった、という報道もありますが、逮捕後には強制採尿ができるため、社会的反響の大きい事件ということからも、慎重を期して強制採尿しておいたほうが良かったと思われます」

ASKA不起訴で釈放、「警視庁の考えられない失態」「『お茶入れた』起きるの不思議」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ASKA覚せい剤取締法違反釈放の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!