NEW

年末の格闘技イベントに水を差す? 米国で 「非接触型の格闘技」提言~「柔道」で死亡は日本だけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

266493032.jpg
格闘技にケガはつきものだが、死亡事故は絶対に避けたい(shutterstock.com)

 12月29日と31日に、さいたまスーパーアリーナで開催され、大晦日にフジテレビ系で全国中継される格闘技イベント「RIZIN」。その対戦カードのひとつが波紋を呼んでいる。

 それは11月26日に記者発表された女子のワンマッチ。「女子最強ではなく、人類最強」と称される186cm・90kgのブラジル人柔術家のギャビ・ガルシアに、プロレスラーの神取忍が挑むというのだ。

 かつて「女子プロ最強の男」と呼ばれ、プロレスでは天龍源一郎とも闘った神取忍も今や52歳。試合は顔面への打撃やキックもOKの通常ルールで行われる。グローブを大きくしたり、試合時間を短くしたりはしない。

 ガルシアとの年齢差22歳、体重差は約25kg。神取本人の希望で実現させたというものの、危険な対戦ではないだろうか? 

 メディアからも「顔面を殴り合う、すなわち脳にダメージを与えることが可能なルールの闘いを、本人が望んでいるという理由でやらせるのは疑問」(Number Web 2016年12月4日)と懸念の声が上がっている。

年末の格闘技イベントに水を差す? 米国で 「非接触型の格闘技」提言~「柔道」で死亡は日本だけ! のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!