NEW

チョコモナカジャンボ、安すぎ&美味すぎ&大容量すぎる謎…森永製菓の感動的ご回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森永製菓 チョコモナカジャンボ(「Amazon HP」より)

 季節はすっかり秋へと移り変わったが、暑かった夏を振り返ってみると、コンビニやスーパーマーケットで売られている冷たいアイス菓子にお世話になった人も多いだろう。

 家庭用アイス市場は近年拡大傾向にあり、日本アイスクリーム協会の調査によると、昨年度のアイスクリーム類及び氷菓販売金額の推移は4647億円で前年比6.4%増、4年連続で前年比を上回っている。06年の3558億円と比べると、ここ10年で販売金額は1000億円以上も増加しており、近年の夏の猛暑化と比例するように、家庭用アイスも売上を伸ばしているようだ。

 そんな日本人が大好きな家庭用アイス。アイスコーナーをのぞけば、毎年さまざまな新商品が並べられているが、いつどこのお店でも販売されている定番商品の数も多い。それらの商品は、この戦国時代ともいえる家庭用アイス市場で、なぜ長年生き残っていられるのだろうか。

見た目と食感からも大容量を感じられる工夫


 来年で前身シリーズから数えると発売45周年を迎える「チョコモナカジャンボ」は、売上が年間1億5000万個以上、15年連続で過去最高の売上を更新中の「メガブランド」だ。

 ほとんど半世紀にも及ぶロングセラーで、しかも近年の売上は2000年度比で約400%増だという。

 製造元である森永製菓広報担当者に、この要因について聞いてみた。

「チョコモナカジャンボの開発で昔も今も継続していることは、お客様が何を求めているのかを知るために、常にお客様のお声に耳を傾け、商品を開発することです。お客様の期待にお応えし進化し続けていることで、みなさまから愛されるシリーズになっているのだと思います」

 ニーズに応えるのは商品開発において当然重要なことだが、しかしそれだけでは、これだけのブランドを生み出せるものではない。

 チョコモナカジャンボといえば、130円(税別)という低価格なのに大容量なのがウリのひとつだが、その点に関してはどうだろうか。

チョコモナカジャンボ、安すぎ&美味すぎ&大容量すぎる謎…森永製菓の感動的ご回答のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、コンビニチョコモナカジャンボ家庭用アイス市場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!