NEW

『逃げ恥』奇跡の最終回がヤバすぎる!「珠玉のセリフ」総ざらい!平匡さんとみくり編

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新垣結衣

 ブームといえるほどの好評を博した今クール(10~12月期)の連続テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が20日、ついに最終回を迎えた。第1話で平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と2ケタに乗って以降、回を重ねるごとに視聴率は上昇し、先週(13日)放送された第10話は同17.1%をマーク。今クールの各局連ドラのなかでも上位争いを繰り広げている。

「夫・津崎平匡(星野源)=雇用主」と、「妻・森山みくり(新垣結衣)=従業員」が“契約結婚”という関係のまま同居を続けるなかで、徐々にお互いのことを本当に好きになっていくという設定の本ドラマ。いい年をした2人の大人の“恋愛ごっこ”的エピソード満載の内容と、随所に散りばめられたさまざまなテレビ番組のパロディが話題を呼んだが、先週の第10話では、ついに津崎が森山に対し正式に結婚のプロポーズを決行。しかし、プロポーズには津崎のリストラが関係していることを知った森山が難色を示し、2人の関係がぎくしゃくし始めてしまうところで終わっていた。

 そして20日に迎えた最終回の内容を、『逃げ恥』ファンたちはどのように受け止めたのか。そこで今回は、ファンたちに「最終回でもっとも心に響いたセリフ」を選んでもらいながら、最終回を振り返ってみたい。

森山「一度出てしまった言葉は、感じてしまったモヤモヤは、なかったことにはできない。お互いに」


 これまで森山は、津崎から家事への対価として給料を受け取っていたが、津崎は自身がリストラされたこともあり、森山に給料を支払うのをやめて、その分を2人の貯蓄などに回そうと提案。それがプロポーズの大きな理由だと知った森山が結婚に難色を示し、津崎は森山に「僕のこと、好きではないのですか?」と迫ると、森山は「それは、好きの搾取です!」と反論。この言葉を後悔して森山が心の中でつぶやいた言葉が、これである。30代女性(独身)が語る。

「ケンカしたときやイラッとしたときに、つい口にしてしまった相手を攻撃する言葉は、のちにその相手と仲直りしたとしても、お互いの心の中にずっと残ってしまうものです。ときどきフラッシュバックのように思い出して、後悔してしまうことがあります」

森山「結婚して専業主婦になるということは、生活費の保障、つまり最低賃金を受け取ることとイコールだと思うのです。でも、最低賃金はあくまで最低賃金、『食わせてやってるんだから、黙って働け』と言われても、限界があります。(略)夫婦の場合、一対一なんです。夫が評価しなければ、妻は誰からも評価されない」


 森山が、“副業”として外で働き始め、職業としての“専業主婦”に心の中で感じ始めた“モヤモヤ感”を津崎に説明する際のセリフ。40代女性(既婚)が語る。

「共働きだった頃は夫との関係性も対等だったのですが、妊娠・出産を機に仕事を辞めて主婦になると、だんだん夫の言動の節々に『食わせてやってる』という態度が出てきて、そのたびにイラッとしてしまった時期があります。しかも子供がまだ小さかったので、外部の人との交流もぐっと減り、そうすると夫との関係が占める割合が増え、ストレスを解消できる場所がないことをしんどいと感じる時もありました」

津崎「愛情があればシステムは必要ないとも思いましたが、そんな簡単なことではなかったようです」

『逃げ恥』奇跡の最終回がヤバすぎる!「珠玉のセリフ」総ざらい!平匡さんとみくり編のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、新垣結衣星野源逃げるは恥だが役に立つの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!