NEW

アルミニウムやステンレスの鍋は、人体に危険?がんや脳の病気の原因に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 日々の食事をつくるうえで、フライパンを毎日のように利用しているという家庭も少なくないだろう。実際、2013年に日本調理科学会が、509名の家庭での調理担当者を対象にアンケートを行った結果、フライパンを毎日1回以上使うという人の割合が過半数を占めていたという。

 だが、そんなフライパンや鍋の素材として使われているステンレスやアルミニウムが、脳をはじめとした人体に有害であるという噂を聞いたことがある方も少なくないだろう。

ステンレスから有害物質「六価クロム」が生成される?


 ある管理栄養士は語る。

「通称ステンレスと呼ばれる金属は、鉄とニッケル、クロムからなる合金のステンレス鋼のことですが、これは安価でサビに強いこともありフライパンや鍋のほかにも、包丁や流し台など調理器具やキッチンまわりで幅広く使用されています。

 ですが、このステンレス鋼に含まれるクロムから生成される六価クロムという物質が、人体に取り込まれた際に発がん性物質となることや、金属中毒による多臓器不全を引き起こす危険性があるといわれてます。

 とはいえ、ステンレスは1000℃を超えても安定している合金なので、普通に調理で使っているだけであれば、ステンレス鍋に含まれるクロムは六価クロムに変性することはまずありません」

アルミニウム鍋を日々使用しても過剰摂取にはならない


 一方、アルミニウムについては総合情報サイト「All About」で「家庭の医学」ガイドを務める医学博士・日本小児科学会専門医の清益功浩氏に話を伺った。

「アルミニウムというのは、身体にとっての役割はまだわかっていないことが多い成分なのですが、そもそも地球上に多く存在する金属元素であるため、実はありとあらゆるさまざまな食物に含まれている物質なのです。ただし、摂取した量に対して身体に吸収される割合が約0.1%ととても低く、JECFA(合同食品添加物専門会議)で定められた人間のアルミニウム暫定的週間耐容摂取量を上回ることはないだろうとされています」(清益氏)

 通常、人間の1日のアルミニウム摂取量は1~10mgとされており、清益氏によると、アルミニウム鍋ですべての調理を行った場合、1回の調理当たり平均1.68mgのアルミニウムが料理に含まれるという。この場合、1日3回の食事を1週間、アルミニウム製の鍋で調理したと仮定しても、摂取量は35.28mg。JECFA規定の暫定的週間耐容摂取量は、体重1kg当たり週に2mgであるため、たとえば成人男性の平均体重64kgに当てはめると128mgとなり、35.28mgは人体への影響はほぼないと考えられる。

アルミニウムやステンレスの鍋は、人体に危険?がんや脳の病気の原因に?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アルツハイマー病アルミニウム発がん性物質の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!