NEW

SMAPラストが物議「公開処刑シーン再現」「登場たった12分」「ただの総集編」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)
   今年いっぱいで解散するSMAPは、ついに5人全員が揃うステージとしてはラストとなるとみられているパフォーマンスを終えた――。

 SMAPが20年以上にわたりレギュラー出演してきたテレビ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回特番が12月26日18時30分~、約5時間にわたり放送された。ほぼ全編が過去放送分の総集編で構成され、最終回向けに新たに収録されたSMAP登場部分は、エンディングのわずか約12分、さらに“ラストステージ”となった『世界に一つだけの花』の歌唱部分は約4分のみだった。

 床や壁全体が真っ白なスタジオのバックには、無数の花がメンバー5人を囲むように設えられ、SMAPは黒のタキシード姿で“最後の曲”を歌った。音楽が止むと、5人横に並んだまま約1分30秒にわたり頭を下げ続け、上から真っ白な幕が下がり、完全に幕が閉じたあとも、しばらくの間5人はそのままの状態を続けた。

 スタッフの収録終了を告げる声が響き渡ると、中居正広はひとりステージ後方に下がり、約50秒にわたり背中を丸めて号泣。その間、スタジオ内にはスタッフの拍手が鳴り響き、他のメンバー4人は前を見つめているという異様な状態になった。
 
 そしてエンドロールが流れる中で、メンバー5人はスタッフ一人ひとりと記念撮影を行った後、まず中居が先頭で足早に画面からはけ、それに香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛(編注:「なぎ」は正式名は漢字)の順で続いた。そして4人がはけると、一呼吸置いて木村拓哉ひとりがゆっくりと軽く会釈をしながら、画面からはけていった。

 今回の内容を、メディア関係者はどのようにみているのか、その声を聞いてみると、早くもスマスマ最終回が物議を醸しているようだ。テレビ局関係者は語る。

「何よりも異常だったのは、20年以上も続いたレギュラー番組の最終回にもかかわらず、今回新たに収録されたのが、たった10分ちょっとで、さらにメンバーからは一言も“お別れの言葉”がなかった点でしょう。約1年間にわたり解散騒動で世間を賑わせ、今になって何を語っても言い訳のように伝わってしまったり、歪曲してとらえられて批判や誤解を生んでしまう。ゆえに“無言”という選択肢しかなかったのでしょう」

 別のテレビ局関係者は語る。

「5時間にわたってただただ過去映像の総集編を流して、かなり退屈な内容になってしまったという印象です。そしてラストでは5人が黒いタキシード姿で長々と頭を下げるシーンは、1月に同番組で解散騒動を5人そろって謝罪し“公開処刑”とまで揶揄されたシーンを再現しているようで、完全にダブります。ファンも良い気分はしないでしょう。はっきりいって、最悪の最終回だと思います」

 いずれにせよ、SMAPはあと数日で解散を迎える。
(文=編集部)

SMAPラストが物議「公開処刑シーン再現」「登場たった12分」「ただの総集編」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、SMAP中居正広木村拓哉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!