NEW

6年間で全世界5300万人が禁煙! 禁煙後進国・日本は<飲食店での受動喫煙が4割超>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

258753287.jpg
6年間で全世界で5300万人が禁煙に成功(shutterstock.com)

 過日、厚生労働者が公表した平成27(2015)年11月実施の「国民健康・栄養調査」(対象:無作為抽出の約5300世帯)の結果、喫煙率は前年比で1.4ポイント減の18.2%で過去最低を更新した。

 質問には7066人が回答を寄せ、男性層が前年比で2.1ポイント減の30.1%、女性層は同0.6%減の7.9%。後者の微減ぶりがやや気になるが、厚労省側は「健康意識自体の高まり」と「消費税によるタバコの値上げの影響」との見方をしている。

 では、今日、世界的なレベルでの喫煙事情はいったいどうなっているのか?

2008~2014年の間に88カ国5300万人が禁煙に成功

 12月12日の『Tabacco Control』(オンライン版)に、なかなか興味深い最新の知見が掲載された。注目の研究論文は、2005年から始まったタバコの規制に関する世界保健機構の枠組み条約(WHO FCTC)の影響を世界的視野でレビューしたものである。

6年間で全世界5300万人が禁煙! 禁煙後進国・日本は<飲食店での受動喫煙が4割超>のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!