NEW

がんや生活習慣病と「歯の病気」には密接に関係が〜小峰歯科医院・小峰一雄院長に聞く②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

komine002.JPG
『名医は虫歯を削らない』の著者・小峰一雄院長

 米国には「Priority to dentistry(歯科を優先すべし)」ということわざがある。つまり大病の前には必ずや歯の病気が起こるから要注意(=未病の表われ)という意味になろうか。

 いま話題の歯科系ヒット本『名医は虫歯を削らない――虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法』(竹書房)の著者、小峰一雄院長(歯学博士・小峰歯科医院理事長)はこう語る。

 「ある場所に病気の原因となる『巣』ができ、そこから全身に菌が運ばれることによって他の臓器に病気を引き起こすことを病巣感染と呼びます。その病巣が歯や歯の根っこなど、歯に関係する場所に出来て体の病気につながった場合を『歯性病巣感染』と言うんですね」