NEW

年始に家族で行ける最高のレジャーは競馬!子供も楽しめ、グルメも充実、社会貢献にもなる

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大盛り上がりだった有馬記念

歴史に残る名勝負

 サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ゴールドアクターが歴史に残る名勝負を見せた有馬記念が終わったが、競馬に休みはなく早くも2017年の新シーズンが開幕する。新年は1月5日に中山競馬場で中山金杯、そして京都競馬場で京都金杯と2つの重賞が行われるが、この金杯は競馬ファンにとって初詣のおみくじのような特別なレース。金杯とダービーと有馬記念だけは馬券を買うという競馬ファンも少なくない。

 2016年の日本中央競馬会(JRA)は、アベノミクス効果なのか、テレビCMに出演した有村架純、瑛太、笑福亭鶴瓶の3人が競馬ファンの心を掴んだのか、有馬記念の売り上げが前年比107.9%の約450億円となったのをはじめとして、年間の国内馬券売り上げは前年比103.4%で2兆6708億8026万1600円を記録するなど絶好調だった。競馬は売り上げの約10%を国庫納付金として国に納付し、社会福祉や畜産振興事業などさまざまなことに利用される。そういった意味からも、競馬の社会貢献度はかなり高いといっていいだろう。

 17年の競馬は、新たに大阪杯がG1レースに昇格するなど変革の年を迎える。さらにサトノダイヤモンドの海外遠征、戸崎圭太騎手が4年連続リーディングジョッキーを獲得できるか、暮れの2歳重賞を独占した藤沢厩舎のクラシック、秋だけで4つのG1レースを制したサトノ軍団の勢いは続くのかなど話題も豊富だ。

 キタサンブラックのオーナーである北島三郎氏の影響もあり、今まで以上に競馬は多くのメディアを通じて見られるようになった。また、競馬はただのギャンブルだけでなく、馬をめぐるドラマがあり、レースを予想する推理もあり、そして競馬場では子供も無料で楽しめる施設やグルメが充実するなど、立派なレジャーのひとつとなっている。

 そして今まで競馬に手を出さなかったという人でも、今年は競馬を始めて見ようと思う人も少なくないはず。そんな人へオススメなのが1月5日の「金杯」だ。

 金杯は波乱の馬券が飛び出しやすいハンデキャップ競争(ハンデ戦=過去の実績などに応じて各馬の負担重量を変えて行われるレース)で行われるため、非常に難解だが配当妙味は抜群のレース。有馬記念は上位人気の決着で低配当となり、いささか消化不良だった競馬ファンも少なくないはず。あのような実力馬による名勝負も素晴らしいが、やはり高配当が出たほうが見ているファンは盛り上がる。金杯は、そんな高配当を期待してウズウズしている競馬ファンに対してもオススメのレースなのである。

武豊騎手騎乗のエアスピネルが人気を集めそうだが…

 今年は、メンバーを見てもスポーツ紙の記事を見ても、傑出馬不在の混戦模様に見受けられ、いかにも高配当が飛び出しそうな雰囲気となっている。逆に言えば、いきなり「ビッグなお年玉」をゲットする絶好のチャンスだ。

 しかし、金杯は非常に難解なレース。右も左もわからないまま馬券を買っても、結果は目に見えている。そこで、昨年の有馬記念でサトノダイヤモンドの勝利を見抜き、さらに正月競馬に滅法強いと評判の老舗競馬情報会社「ホースメン会議」に話を聞いた。

3日間で7本の万馬券的中

--まず、16年を振り返ってどうでしたか?

ホースメン会議担当者 創業35年を迎えた16年も新規情報の開拓に成功し、今迄以上に各開催地に幅広い情報ルートを確保、競馬サークル内のあらゆるところから関係者情報を入手しました。毎年、新規情報網の開拓、大物競馬関係者の参入と、情報力には力を入れておりますが、分析力にも力を入れております。

 現役バリバリの関係者が参加している当社予想陣は「情報班、調教班、分析班」と担当別に情報精度や情報馬の分析をしておりますが、総合評価を担当する予想陣も増加させ、日々成績向上に邁進しております。他社とは一線を画する情報力・分析力は、業界NO.1と自負しております。

--有馬記念や暮れの馬券成績はいかがでしたか?

ホースメン会議担当者 有馬記念は、本命のサトノダイヤモンドが快勝し、2着も対抗のキタサンブラック、3着も単穴指定のゴールドアクターと情報通りの決着でした。また暮れの3日間開催は合計7本の万馬券を的中させて有終の美を飾りました。

--17年の目標を教えてください

ホースメン会議担当者 星の数ほどあるといわれている競馬予想会社ですが、当社ホースメン会議は、17年に創業36年を迎えます。信頼と実績があるからこそ、長期にわたり存続し続けておりますが、現状に満足することなく、“業界最高”といわれ続けるため日々邁進しております。

 当社は、「本物の情報」を入手できる数少ない競馬情報会社です。本物の情報と最強の分析力は、ほかでは真似できない実績を30年以上にわたり残しております。今年も新規情報ルートの参入や、名前を出せない大物関係者の参加予定もあり、今まで以上に精度の高い情報および予想を公開することをお約束いたします。

--注目の金杯について教えてください

ホースメン会議担当者 正月競馬は、恒例となる「関係者お年玉馬券」で、毎年数多くの万馬券を的中させております。中央競馬の開幕初日で行われる重賞競走の金杯は、関係者も馬券を的中させる重賞レースとして楽しみにしています。関係者が「身内だけにしか教えない裏ネタ」や「馬主関係者に馬券で儲けてもらうために用意した勝負情報」など、公にはならない本物の関係者情報を入手できる当社は、すでに入賞必至の穴馬の存在を極秘入手済みで、当社予想陣も「少点数で50倍を狙える」と自信を持っております。

 さらに、正月競馬は師走競馬以上に配当妙味が増すお年玉開催といわれておりますので、7本を的中させた年末以上に万馬券ラッシュが期待できます。

--金杯に合わせて特別なイベントはありますか?

ホースメン会議担当者 今回、新年を記念して創業36年の実績と信頼に裏打ちされた当社の実力を知っていただくための無料キャンペーンを実地します。

 当社の情報を初めてご利用になる方には、「絶対的な自信」を証明するために、『中山金杯&京都金杯・3点勝負』を無料公開します。さらに、次週以降も「7割以上当たって万馬券も獲れる」と大好評の当社予想家が厳選する『1日1鞍の渾身予想』も無料で提供いたします。今年はスポーツ紙ではわからない、当社だけが知る本物の情報で的中を手にしてほしいですね。

--ありがとうございました。期待しています。

 今や馬券は楽天カードで購入してポイントも貯まる時代。身近に楽しめる競馬は、あなたの週末を豊かに、かつスリリングにしてくれるはずだ。創業36年のホースメン会議は、今まで目にした情報会社、スポーツ紙、競馬予想サイトのなかで紛れもなく最強にして最高の情報会社。彼らが提供する、金杯の無料情報は必ずやプラスになるだろう。
(文=編集部)

無料情報はこちら→「中山金杯&京都金杯・3点勝負」

※本稿はPR記事です。