NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

この大人気女優たちは今年「年女」だった!石田ゆり子、有村架純、尾野真千子…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有村架純(写真:山根英一/アフロ)
 酉年は十二支の中で10番目であることに加え、“酉”の字が酒器を意味することもあり、「成長・熟成」を表すとされている。また、「“とり”こむ」の語呂から、「縁・金・運などを得て商売繁盛する」というのも定説だ。


 さらに酉年生まれの人は、「頭の回転が速く、直感力に優れる」「感性豊かで好奇心旺盛」ともいわれている。言動のテンポがよく、迷いのない姿は、「いかにも芸能人向き」という人が多い。

大河主演の柴咲コウ、朝ドラ凱旋の有村架純


 その筆頭が、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で主演を務める柴咲コウ(1981年生まれ)。“目力”の強さは、2001年の映画『GO』(東映)で映画賞を総ナメにしたころから変わらず、“おんな城主”としての凛々しい姿を見せるだろう。昨年は音楽活動中心で大河ドラマの撮影に備えていただけに、ドラマ『オレンジデイズ』(TBS系)で見せた感情がハジけるような演技が期待される。

 ちなみに、ふだんの彼女は物静かで人見知りだが、人懐っこさがあり共演者やアーティストとの交流は活発。「日本一キャストとスタッフが多い」といわれる大河ドラマの現場で新たなコラボが生まれるかもしれない。

 もう1人、年女の顔として、華々しい活躍が約束されているのは有村架純(1993年生まれ)。4月スタートの連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で、行方不明になった父を探すために集団就職で上京するヒロインを演じる。日本を代表する脚本家・岡田惠和の指名であり、有村のブレイクが『あまちゃん』(NHK)だったことを踏まえると、堂々の凱旋といえるだろう。

 舞台は東京オリンピックが開かれた1960年代だが、有村はブレイク前に昼ドラ『ぼくの夏休み』(フジテレビ系)で、戦後の厳しい時代を生き抜くヒロインを経験済み。しかも「娼婦となり、兄との恋に落ちる」という難役だった。今秋には映画『ナラタージュ』(東宝、アスミック・エース)で松本潤と禁断の恋を演じるなど、話題を集める1年になりそうだ。

月9ヒロインの西内まりや、復活を期すのん


 有村と同じ1993年組では、1月から“月9”ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)でヒロインを務める西内まりやにも注目。『スイッチガール!!』(フジテレビTWO)、『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ系)で伸びやかなヒロイン像を見せたように、漫画原作ラブコメとの相性は実証済み。相手役が演技初挑戦となるロックバンド・flumpoolの山村隆太だけに鮮度は高く、ハマればインパクトは大きい。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

この大人気女優たちは今年「年女」だった!石田ゆり子、有村架純、尾野真千子…のページです。ビジネスジャーナルは、連載、のん女優尾野真千子年女志田未来有村架純柴咲コウ石田ゆり子草刈麻有西内まりや酉年の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!