NEW

買収疑惑のレコ大、西野カナ受賞に「意味不明。なぜ選ばれたのか説明するほうが難しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBS放送センター(「Wikipedia」より/Nobukku)

 2016年12月30日にTBS系で放送された『第58回輝く!日本レコード大賞』は、西野カナの『あなたの好きなところ』が大賞に輝いた。

 今年のレコード大賞は、違った意味で注目されていた。1年前の2015年のレコ大は三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目)の『Unfair World』が獲得。だが、昨年10月発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、三代目が所属する芸能事務所LDHが、レコ大の選考に強い影響力を持つとされる芸能事務所バーニングプロダクションに1億円を支払っていたと報じた。

 そして今年、当初はエイベックス所属のAAAの受賞が予想されていたが、蓋を開けてみれば西野カナが大賞をさらった。

「西野の大賞受賞曲はオリコンのシングルランキング最高位5位で、16年の年間シングルランキングでトップ100にも入っていない。かといって、売上枚数以外に突出した何かがあるわけでもない。普通に考えれば、あまりに意味不明で、なぜこの曲が選ばれたのかを説明するほうが難しい」(テレビ局関係者)

 16年にミリオンセールスを記録した AKB48や一大ブームを巻き起こしているピコ太郎ではなく、なぜ西野の曲なのか。多くの人は疑問を持ったことだろう。

「レコ大を受賞するほどのヒット曲は、当然その年の大みそかの『NHK紅白歌合戦』でも歌われることが多い。しかし、西野カナは昨日放送された『紅白』で『あなたの好きなところ』ではなく、『Dear Bride』を歌いました。昨年の三代目も大賞受賞曲の『Unfair World』ではなく、『紅白』では『Summer Madness』を歌った。一時期、部門別に分けられていたレコード大賞が1つに再統一された1993年以降、大賞受賞曲を『紅白』で歌わなかったのは、西野と三代目、あとは99年のGLAYだけです。GLAYは『Winter, again』でレコ大を獲得し、紅白では『サバイバル』を歌った。『Winter, again』は99年の年間オリコンシングル売上2位でしたから、むしろなぜ『紅白』で歌われなかったのが疑問。やはり、昨年と今年のレコ大はどうしたって、納得感が薄いですよ」

むしろ西野は被害者


 かつて、レコード大賞を獲得した歌手は大粒の涙を流すのが恒例だった。たとえば中森明菜や浜崎あゆみ、AKB48のメンバーなどが泣いて喜びを表していた。だが、西野カナは一粒の涙をこぼすこともなく、淡々と大賞受賞曲を歌い切った。芸能界関係者が話す。

買収疑惑のレコ大、西野カナ受賞に「意味不明。なぜ選ばれたのか説明するほうが難しい」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHK紅白歌合戦三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE日本レコード大賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!