NEW

<クッション性のある靴の中敷き>にケガの予防効果なし~「裸足」で足の機能を取り戻せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

151517363.jpg
裸足」で足の機能を取り戻せ!(shutterstock.com)

 健康のために走ったり、歩いたり、ランニングやウォーキングに勤しむ人は多い。その足元はスニーカー、ウォーキングシューズ……。クッション性のある靴の中敷きは、ケガの予防に有効だと考える人は多い。だが、それを否定する結果が新たな論評で示された。

 オーストラリアのラ・トローブ大学(メルボルン)のDaniel Bonanno氏によると、衝撃吸収性の中敷きには負傷を防止する効果はほとんどなく、個人の足に合わせて作られた足底板(foot orthotics)にのみ、疲労骨折や脛の痛みなどの一部の傷害に対する予防効果が認められたという。

 今回の報告は『British Journal of Sports Medicine』(2016年12月12日オンライン版)に掲載された。