NEW

映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』~究極の断捨離か? 日本の格差社会の未来モデルか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

homelessnes.jpg
『ホームレス ニューヨークと寝た男』© 2014 Schatzi Productions/Filmhaus Films. All rights reserved

 日本には関係ないことのように思われた<格差社会>。だが、いつのまにか日本も「子ども(0~17歳)の6人に1人が貧困状況にある」という社会へと変貌し、格差は拡大する様相を見せている。

 日本の数十年先を行く未来の社会モデルとして比較されるアメリカでは、中産階級が失われて二極化が進展した結果、「米国を再び偉大に」と訴えたドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統に就任する。

 新大統領の大きな支持層となったのは、生活不安を抱える白人労働者だ。ある日、職を失い、住む家を失う危機は誰にでも起こり得るのだ。ある統計によれば、米国の「貧困層」は4600万人にも及ぶという。

 さらに4600万人の背後に多くの「予備軍」が控えている。米国政調査局が2011年11月に明らかにした「新貧困算定基準」に基づくと、米国民の3人に1人が貧困、あるいは貧困予備軍に入る計算になるという。

 事実、米ニューヨークでは貧困層やホームレスが増加。ニューヨークのホームレスは約6万人と見積もられており、この数は1930年以来、最大だという。アメリカの貧困・ホームレスの問題に取り組んでいる組織の報告には、アメリカでは年間約300万人がホームレスの経験者となっているというものもある。

一見勝ち組に見えるナイスミドルが帰るのは<ビルの屋上>

 そんなニューヨークで住居を持たず、マンハッタンのビルの屋上で6年間も寝泊りしながら、フォトグラファーとモデル業を行っているマーク・レイを追ったドキュメンタリーが『ホームレス ニューヨークと寝た男』だ。