NEW

講談社社員の偽装殺人がバレた理由~ ドラマ『科捜研の女』でも登場した<吉川線>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

262033433.jpg
首つり自殺か、自殺偽装の絞殺かは、なぜわかるのか?(shutterstock.com)

 出版大手・講談社で青年コミック誌「モーニング」の編集次長の社員が、2016年8月9日未明、東京・文京区の自宅で妻の首を圧迫して殺害したとして、本日(1月10日)、殺人の疑いで警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは東京・文京区に住む韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)。警視庁の調べによると、事件は同日午前2時45分ごろ、自宅階段の下で妻が倒れているとして朴容疑者が119番して発覚。

 妻の死因について、捜査員への朴容疑者の説明が「階段から落ちた」「首をつって自殺した」と変遷するなど不審な点があったため、捜査1課が調べていた。

 さらに、妻が自宅で倒れているのが見つかった際、朴容疑者が自宅にいて、付近の防犯カメラの映像でほかの人物が部屋に侵入した形跡が無かったこと、また、遺体を司法解剖した結果、妻の首に絞められたような痕などがあることが判明したという。

 捜査1課は解剖結果や現場の状況などから、朴容疑者が妻の首を絞めて殺害した可能性が高いと判断し、逮捕に踏み切ったようだ。夫婦の間に何らかのトラブルがあったと見て詳しい経緯を調べることにしている。

首つり自殺か、自殺偽装の絞殺かは、なぜわかるのか?

 なぜ殺人偽装の容疑が浮上したのか――。