NEW
青木康洋「だれかに話したくなる、歴史の裏側」

NHK大河『直虎』は謎だらけ…実は男?女性説の根拠資料は信憑性乏しく誤伝多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』 - NHKオンライン」より
 柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)が始まった。1月8日放送の第1回「井伊谷の少女」の平均視聴率は16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。昨年、人気を集めた『真田丸』の初回平均視聴率は関東地区で19.9%、関西地区で20.1%だった。知名度の低い女性が主人公ということもあってか、比較的静かなスタートを切ったといえよう。


 主人公の井伊直虎は謎の人物である。こう言ってしまうと身もふたもないが、本当に女性だったのかどうかもわかっていない。「直虎が女性だった」という、ほとんど唯一の根拠は、江戸時代中期に記された『井伊家伝記』という書物にある「次郎法師は女にこそあれ」という一節だ。

 ドラマでは、井伊宗家のひとり娘が次郎法師という名で出家し、滅亡寸前の井伊家を守るために「直虎」という男の名前で女城主になるという設定になっている。だが、同書は誤伝が多く、信憑性に乏しい。

 昨年12月には京都府の井伊美術館による「井伊直虎は男だった可能性がある」という発表が話題となったが、もともと、井伊直虎はマニアックといえるほどマイナーで、相当の戦国通でもその存在すら知らない人が多い。だが、今回のドラマがきっかけで新史料が発見され、実像が明らかになる日が来るかもしれない。実際にそんな先例がある。

 昭和44年(1969年)のNHK大河ドラマは、戦国時代が舞台の『天と地と』だった。これを視聴していた北海道釧路市在住の主婦が、先祖伝来の書状が自宅にあることに気づき、調査を依頼した。すると、書状には「山本菅助」という名の武将名が記されていたことがわかったのだ。

 歴史に詳しい方なら、甲斐の戦国大名・武田信玄の配下に「山本勘助」という名の軍師がいたことをご存じだろう。それまで、山本勘助は実在が疑問視されており、学会では完全に「フィクション」とみなされていた。しかし、この書状の発見によって、実在説がにわかに活気づいたのだ。現在では、少なくとも信玄の麾下(きか/旗本や家来の意味)に山本勘助と同名の武将が存在したことは確実視されている。

意外に強かった戦国時代の女性、7歳の女城主も


 戦国時代の女性といえば、一般的に「男に従い、養われるだけの存在」と見られがちだ。しかし、そういった夫唱婦随的な女性像は江戸時代に入ってから形成されたイメージだという指摘がある。戦国時代は、リアリズムの時代である。男であろうが女であろうが、実力のある者に家を差配させなければ滅亡を招きかねない。

NHK大河『直虎』は謎だらけ…実は男?女性説の根拠資料は信憑性乏しく誤伝多いのページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKおんな城主 直虎井伊直虎大河ドラマ柴咲コウ歴史の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!