NEW
青木康洋「だれかに話したくなる、歴史の裏側」

NHK大河『直虎』は謎だらけ…実は男?女性説の根拠資料は信憑性乏しく誤伝多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 したがって、多くの武家では夫と妻は共同経営者のような関係だったようだ。有名なのは、前田利家の正妻・まつである。利家がある合戦に臨む際、兵があまり集まらなかったことがあった。このとき、まつは金蔵から金銀を取り出して利家の目の前でぶちまけた。そして、こう言い放ったという。

「普段から、兵を養う必要を私は説いてきたはずです。しかし、あなたは蓄財に気を取られてばかり。かくなる上は、金銀に槍を持たせて戦ったらいかがですか?」

 まつが、家中でかなりの実権を握っていたことを表すエピソードである。また、実際に「女城主」として名を馳せた例もある。

 九州を代表する戦国大名・大友氏の有力家臣だった立花道雪の娘・誾千代(ぎんちよ)だ。誾千代が道雪から家督を譲られたのは、天正3年(1575年)のこと。誾千代がわずか7歳のときだった。

 注目すべきは、道雪がきちんと正式な手続きを踏んで、主筋である大友家へも許可を求めて誾千代に家督を相続させている点だ。道雪が、この幼い姫にかけた期待の大きさがよくわかる。誾千代は、その6年後に立花宗茂を婿に迎えて城主の座を譲ったが、その後も宗茂とは距離を取り続け、宮永という地に住んだ。

 天下分け目の関ヶ原の戦いで、夫の宗茂は西軍に加担して敗れたが、勝利軍として加藤清正が乗り込んできたときにも、誾千代は一歩も引かずに対抗したといわれている。戦国時代に男顔負けの活躍をした女性は、少なくなかったのである。

織田信長や豊臣秀吉と同世代だった井伊直虎


 井伊直虎に話を戻そう。諸説あるが、直虎の生年は1530年代前半だったとされている。織田信長や豊臣秀吉と同世代であり、江戸幕府を開いた徳川家康より10歳ほど年上ということになる。

 この頃は、戦国時代の幕開けを告げた応仁・文明の乱からおよそ100年が経過し、各地の有力大名が出揃っていた。高校野球に例えるならば、地区予選が終了して甲子園での本戦が始まった時期といえる。

 直虎が生誕した頃、駿河では今川義元が異母兄との争いに勝ち抜き家督を継いでいる。また、甲斐の武田信玄が父・信虎を追放して当主になったのは、直虎が10歳を迎えた頃だ。さらに、織田信長の父・信秀が尾張で勢力を伸張し始めたのは、おそらく直虎が成人する前後であっただろう。直虎が生きたのは、戦国の世を彩った有名武将が軒並みデビューした時期ということになる。

 江戸時代、井伊家は徳川家の譜代筆頭となった。幕末には欧米列強との交渉を担った大老・井伊直弼を出したことでも有名だ。だが、そんな井伊家も戦国時代中期には井伊谷に拠る一介の国人領主にすぎなかった。

 当時、このように周囲を強敵に囲まれた国人領主は全国に星の数ほどいたはずである。そんなちっぽけな存在が、いかにして戦国の世を遊泳し、名家として存続することができたのか。そんなヒントを『おんな城主 直虎』が示唆してくれるかもしれない。今後の展開に期待したい。
(文=青木康洋/歴史ライター)

NHK大河『直虎』は謎だらけ…実は男?女性説の根拠資料は信憑性乏しく誤伝多いのページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKおんな城主 直虎井伊直虎大河ドラマ柴咲コウ歴史の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!