NEW

トランプの計算づくめの発言に踊らされるマスコミ…「中抜き」加速で存在意義喪失

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ米新大統領就任式(UPI/アフロ)

 20日(日本時間:21日未明)、ドナルド・トランプ米大統領の就任演説を聞いた。「アメリカ・ファースト」だけをコンセプトにした、ものすごくわかりやすい演説だった。英語も小学生でも理解可能な平易さである。さすが、泡沫候補といわれながらもプロの「政治家」を破ってきたトランプ氏らしい。哲学的なフレーズもまったくない、「シンプルこそベスト」といわんばかりだ。

 筆者は、平易なトランプ氏の英語は日本の学生の英語教材にしてもいいのではないかと思っている。ちなみに、筆者がレギュラーで出演しているテレビ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送)では、タレントさんがトランプ氏の英語を聞いて「私でもわかる!」と言っていたのが印象的だった。

 もっとも、トランプ氏に反発する人も多く、デモを繰り返す人もいる。マスコミの多くも、トランプ氏に批判的である。

 米国マスコミの劣化コピーである日本のマスコミも、トランプ氏の扱いがひどい。しかも、日本のマスコミには左派が多く、インテリ層と重なっている。彼らは、平易な演説より哲学的なフレーズを好む。そうした人たちは、トランプ氏の演説を「内容がない」と批判する。

 あるテレビ番組で就任式の模様を放送していたが、番組進行役のアナウンサーが「トランプさんに核兵器の発射ボタンを持たせて、大丈夫なんでしょうか?」「台湾の総統と電話会談は、軽々しい行動ですね」と上から目線でトランプ氏をこき下ろしていた。そうした人たちの批判の矛先は、トランプ氏の「メキシコとの間に壁をつくる」「イスラムを入国させない」などの差別的な発言に向かっている。

 筆者は多少、トランプ氏の周りの人物を知っている。彼らが言うには、トランプ氏はとてもクレバー(賢明)であり、よく計算して発言しているとのことだ。あえてマスコミが飛びつきそうな言葉を選んで発しているので、決定的な嘘にはならない。

 たしかにメキシコとの間に壁をつくるといっても、国境がある以上、どこの国でも多少の壁はある。それに入国管理をきちんと行うという趣旨であれば、合法的だ。トランプ氏からみれば、マスコミが大騒ぎしてくれるほうが好都合である。

トランプの計算づくめの発言に踊らされるマスコミ…「中抜き」加速で存在意義喪失のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ツイッタードナルド・トランプ米大統領マスコミの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!