NEW
星野達也「お父さんのためのイノベーション講座」

コオロギ、世界的食料危機の救世主に…高い栄養価とイケる味、人間の残飯で飼育

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食糧危機は深刻化の一途


 現在の世界人口は73億人。人口増加は今後継続し、2040年には90億人に達するといわれている。1980年には45億人だったことを考えると、わずか60年で倍になる計算である。図1を見てもわかる通り、これから20年強で17億人増えるわけだから、人口8000万人のドイツ一国分の人口が毎年増え続ける計算である。

 また、先進国では人口増加の割合は低く、むしろ日本のように人口が減少に転じたところもあるくらいで、人口が増えるエリアは、いわゆるアジアやアフリカを中心とする途上国である。つまり、比較的貧困地域において、今後急激に人口が増えるのである。

 国連食糧農業機関(FAO)の報告によると、現在の世界の飢餓人口は約8億人、毎日4万人が餓死しているという。2秒に1人のペースだ。今後の人口増加によって、食糧危機がさらに悪化することは目に見えている。

 そんななか、イノベーションで食糧危機に立ち向かう動きがある。なんと、貧困地域でコオロギを養殖して食糧危機を解決するという考えだ。

タンパク質の重要性


 人間が生きていくために必要な3大栄養素は、脂肪、タンパク質、炭水化物。とくにタンパク質は、筋肉や骨格を形成する大切な栄養素であるが、供給源として動物(肉、乳製品)や大豆など一部の植物に依存するため、その生産量を急激に増やすことは難しい。

 たとえば、牛1頭を食料にできるまで育てるとすると、そのために、大量の飼料、大量の水、そして、数年という長い年月がかかる。

 また、タンパク質を人工的につくることは困難で、現代においても、牧草などを食べてタンパク質をつくる動物に、その機能を依存しなければならない。飼育や栽培のために必要な資源や時間を考えると、短時間で劇的にその収穫量を増やすことは容易でない。

 現状、そして今後予想される食糧危機を考え、もっと効率的にタンパク質をつくる方法が盛んに研究されているが、現在、高い注目を集めているのがコオロギである。

食料としてのコオロギのすごさ


 なぜコオロギなのか? コオロギは、以下の4点において、優れた食材だという。

(1)栄養価の高さ
(2)飼育のしやすさ
(3)宗教的制約の少なさ
(4)味