NEW

日本人の<居眠り>は勤勉さの象徴か? 公共の場でも眠れる日本人のナゾ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

08308580.jpg
なぜ日本人は居眠りが大好きなのか?(shutterstock.com)

 大寒波をやり過ごしても、まだまだ水も風も冷たい。冬来たりなば春遠からじ。日に日に、日の出が早まると、陽だまりに春がひたひたとにじり寄ってくるのが分かる。春眠暁を覚えず。「もうちょっと、寝床に居たいよ!」。唐代8世紀の叙情詩人、孟浩然(もうこうぜん)の切ない感嘆も聞こえてきそうだ。

日本人は居眠りを歴史的・社会的・慣習的に容認している?

 ケンブリッジ大学東アジア研究所で文化人類学を研究しているブリギッテ・シテーガ准教授は、『世界が認めたニッポンの居眠り』(阪急コミュニケーションズ)の中で、「日本人の居眠りは勤勉さの象徴だ。オフィスでの居眠りは、一生懸命働いている証なので、公認されている」と分析している。また、ハーバード大学のテオドル・ベスター社会人類学教授は、犯罪率が低いからこそ、電車内でも居眠りが許されると指摘している。

日本人の<居眠り>は勤勉さの象徴か? 公共の場でも眠れる日本人のナゾのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!