NEW

不倫疑惑の江角マキコ、2年前から転落人生…業界に広がる悪評、官能小説家デビューか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 最近は芸能界の表舞台から遠ざかっていた女優の江角マキコが23日、代理人弁護士を通じ“電撃引退”を発表した。さらに翌24日発売の「女性自身」(光文社)は、江角が不倫をしていると報じている。江角は23日にマスコミ各社宛に送付した文書において「不倫関係などには断じてございません」としているが、「女性自身」の取材に対し江角の夫は、不倫の事実を認めた上で「2年前から別居しています」とも明かしている。

「これまで江角が芸能界でやってこられたのは、フジテレビのゼネラルディレクターで夫のA氏の存在が大きい。A氏は芸能界では連続テレビドラマ『ショムニ』『やまとなでしこ』『HERO』などを手掛けてきた演出家・プロデューサーとして名を知られています。江角が大手芸能事務所の研音を辞めて独立した後も、なんのお咎めもなく芸能活動を続けてこられたのは、夫であるA氏がいてこそです」(テレビ局関係者)

 そんな江角が躓くきっかけとなったのが、実体のない先物取引の投資話を持ちかけ、計約113億7000万円をかき集めて2016年に逮捕・有罪判決を受けた会社社長とともに逮捕されたB氏との不倫疑惑だ。

「3年前に知人から紹介され、知り合ったようです。江角はB氏の顧客に布袋寅泰やGACKTもいることを知り、2億円近いお金を預けたようです。だが、実態のない投資会社に資金を出していたことをA氏が知り、とことん問い詰め大喧嘩になった。また、14年8月に報道された江角がマネージャーに指示し、長嶋一茂宅に『バカ息子』と落書きさせたとされる事件でも、2人の関係はドン冷えしたようです。子どもたちは通っていた私立の名門校を転校しなければならない事態にまで追い込まれていました。結果、江角とA氏は別居状態となり、江角がB氏と男女の関係になったのはちょうどこの頃だといわれています」(芸能事務所関係者)

 実は江角の芸能活動に陰りがみえ始めた時期と別居時期は、微妙に重なっていた。

「15年12月に『ぐるナイ』(日本テレビ系)と『バイキング』(フジテレビ系)の2本のレギュラー番組を失いました。それまでは芸能界でなんとかやってこられたのは、夫だったA氏がいたからですが、当時はもう別居状態にあるという情報が芸能界に流布し、離婚秒読みといわれていたのです。だからこそ、日テレもフジも簡単に江角を切ることができたのです」(別の芸能事務所関係者)

不倫疑惑の江角マキコ、2年前から転落人生…業界に広がる悪評、官能小説家デビューかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、不倫江角マキコ電撃引退の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!