NEW

未成年淫行疑惑の狩野英孝とテレ朝、「段取り良すぎ」の復帰シナリオに重大問題…倫理観欠如

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
六本木ヒルズ内にあるテレビ朝日本社(「Wikipedia」より/Wiiii)

 20日発売の「フライデー」(講談社)で、17歳の女子高生との未成年淫行疑惑が報じられたタレント・狩野英孝。翌21日に行われた釈明会見をめぐり、報道陣からは「腑に落ちない」との声が出ている。

 テレビカメラの台数に制限があるなか、民放カメラ17台、100人近い報道陣が集まったという。会見で狩野は、相手の女子高生が22歳と年齢を詐称していたため17歳とは知らず、狩野の自宅に泊めたりと「大人のお付き合い」をしていたが、昨年10月頃に女子高生から10代であることを告白されて以降、距離を置き、友人関係を継続していると釈明した。さらに報道後、女子高生の親にも直接謝罪を行い、理解してもらえたという。現場にいたテレビ局関係者は語る。

「謝罪の言葉が一言あったと思えば、その後は状況説明、そして先方の親が理解してくれたという狩野に都合の良い話を並べ立てる始末でした。『悪いことをした』という懺悔の気持ちがあるようには到底見えませんでした。あげくに、所属事務所のマセキ芸能社関係者が『事件性はない』と言い切ったことに、疑問を持たざるを得ません。現状では被害届も出されていませんし、事件になる可能性は極めて低いですが、淫らな関係があったとすれば、条例違反に当たる可能性も否定はできません。しかし狩野は『彼女のことを考えて』『彼女が未成年なんで直接的な表現はすみません』と記者の質問をはぐらかし、なし崩しのまま、活動自粛だけで事は済まされそうです。しかも、無期限謹慎という期間も、案外短くて済みそうな流れになっています」

 22日付日刊スポーツでは、狩野が謹慎処分の発表をしたばかりだというのに、「関係者によると、復帰第1弾は常連番組『金曜 ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)になる可能性が高い」(同紙より)と早くも仕事復帰に関する詳細情報が報じられた。一歩間違えれば犯罪にもなりかねなかった事態だというのに、この段取りの良さはいったいなんなのか。一般紙記者は言う。

「事の重大さを、本人のみならず事務所サイドもまったく感じていない様子です。そして、メディアのモラルも崩れてきています。この会見で最も驚いたのは、会見の仕切りをテレビ朝日が行っていたということです。もちろん、芸能事務所とテレビ局は持ちつ持たれつの関係なので、困っていた事務所を手伝っただけなのかもしれませんが、こんなにすぐテレビ朝日の番組からの復帰話が浮上しているとなると、テレビ朝日の倫理観も疑われます」

未成年淫行疑惑の狩野英孝とテレ朝、「段取り良すぎ」の復帰シナリオに重大問題…倫理観欠如のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日未成年淫行疑惑狩野英孝の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!