NEW

『アッコにおまかせ』、和田が放送事故レベルの悪ふざけ…紅白落選で芸能活動に焦りか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TBS放送センター(「Wikipedia」より/Nobukku)

 お笑い芸人の狩野英孝(34)が、ファンであった17歳の女子高生・Aさんとの未成年淫行疑惑で謹慎を発表した。これを受けて、22日放送のテレビ番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、司会の和田アキ子がまた暴走をみせた。狩野と親しい出川哲朗を「ほんまに聞いてないの?」と追及し、収録中に狩野へ電話させる事態へと発展したのだ。

 今回の狩野のスキャンダルは、写真週刊誌「フライデー」(講談社)が報じた。同誌によると、出待ちするほどのファンだったAさんと狩野は知り合い、交際を開始。Aさんは未成年であることを隠すために、狩野に対して「22歳」と年齢を5歳も偽っていたが、不審に思った狩野はAさんに年齢を追及。すると「17歳」だと白状したのだという。

 22日放送の『アッコにおまかせ!』内では、狩野のスキャンダルについて出演者たちが議論。そのなかで和田が、騒動後に狩野と話していないという出川に対し、「電話してみれば? 見てると思うで」と無理強い。出川は「謹慎中なので……」と渋るも、「謹慎中イコール電話も出たらあかんの? 一応、電話に出るかどうかだけ。『おまかせ!』準レギュラーやから」と番組を持ち出し正当化して、電話をさせることとなった。

 インターネット上では、この放送を見た視聴者たちから「デリカシーなさすぎ」「倫理的に問題」「ここまでくると脅迫」などと批判の声が殺到する事態に発展。番組内では、出演していた高橋茂雄(サバンナ)も「怖いですね」と本音を吐露した。

「和田の暴走には番組スタッフも慣れていたようですが、さすがに今回のはよくなかった。自分のケータイから電話をかけるならまだしも、人を経由してやらせていますからね。これは公開パワハラと批判を浴びていますが、本当にその通りですよ。『NHK紅白歌合戦』の連続出演も昨年で途切れ、芸能界で影が薄くなることを恐れて、なんとか話題になるパフォーマンスをしようと焦り、必死になった結果かもしれませんが、見苦しいの一言に尽きます。TBSも、マンネリ化した『アッコにおまかせ!』をいつまで続けるのでしょうか」(TBS関係者)

『アッコにおまかせ』、和田が放送事故レベルの悪ふざけ…紅白落選で芸能活動に焦りかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アッコにおまかせ!和田アキ子狩野英孝の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!