NEW

コメダ、たった8店舗の「攻め過ぎ」極上和風店が拡大困難な事情…無料でおにぎりと味噌汁

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あざみ野ガーデンズ内に出店した「コメダ和喫茶 おかげ庵」

 コメダホールディングスが1月24日、コメダ珈琲店とは別業態の「コメダ和喫茶(こめだなごみきっさ)おかげ庵」という店を神奈川県横浜市青葉区のあざみ野ガーデンズ内にオープンさせた。同業態で関東初出店のフランチャイズチェーン(FC)店だ。オープン直前の19日には、メディア関係者向けの記者発表会が開催された。

 筆者も出席してコメダ関係者に取材するとともに、看板メニューを試食した。その印象を踏まえて、おかげ庵の特徴や今後の見通しを分析してみたい。

店は「マクドナルドあざみ野ガーデンズ店」(奥の看板)に隣接

「和風コメダ」を掲げ、全席禁煙で訴求

『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)
 実は、おかげ庵の歴史は意外に長く、1999年からある。1号店は愛知県名古屋市に開業した。現在のコメダ本社の目と鼻の先にも同店があるが、店舗数はわずか7店で、すべて愛知県内だった。それが8店目の店舗として横浜市郊外に開業したのだ。

 現在、国内で730店を超えたコメダ珈琲店に比べて、おかげ庵が1ケタの店舗数にとどまる理由を、コメダ側は「お客様が『和の喫茶店』に対して何を求めているか、時間帯や利用シーンごとに商品や価格、サービス内容などを試しながら、拡大を急がずにじっくりと育ててきたからです」と説明していた。

 東急田園都市線・あざみ野駅から続く幹線道路沿いにあるあざみ野ガーデンズは、同駅から徒歩約20分かかるが、敷地内にマクドナルドやスシローなどの外食店やスポーツ施設が入る郊外型商業施設だ。

 そんななかでおかげ庵を運営するのは、インターコマース(本社・横浜市、永井哲郎社長)という会社で、神奈川県や千葉県、東京都多摩地区でコメダ珈琲店のFC店を十数店運営する実績を持つ。

 筆者は、名古屋市内のおかげ庵を取材したことも、客として店を利用したこともある。その経験から今回、まず目を引いたのは店舗ロゴだった。「おかげ庵」という店名の前に「コメダ和喫茶」を加え、同店を知らない関東の消費者に向けて、コメダの業態店であることを強調したからだ。

 座席のソファは座り心地もよく、総座席数は82席と広いが、「全席禁煙」なのも注目点だ。1968年創業のコメダ珈琲店の開業当時、喫茶店利用者の大半は男性だった。当時の成人男性の喫煙率は80%を超えていたが、現在は同30%前後(統計によって異なる)に下がってきている。このようなお客の“たばこ離れ”とともに、禁煙席・喫煙席の比率は逆転したが、セルフカフェ以外の喫茶店は分煙で対応してきた。それをすべて禁煙席としたのは画期的で、女性客や家族客を意識した訴求でもある。

グリーンを基調にしたソファは座り心地もよい

コメダ、たった8店舗の「攻め過ぎ」極上和風店が拡大困難な事情…無料でおにぎりと味噌汁のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、おかげ庵コメダ珈琲店スターバックスドトールの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!